第84回 九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」2017年11月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から村上 宗隆、島田 海吏(九州学院出身)

【目次】
[1]2015年悔しさをばねに甲子園春夏出場
[2]近年の卒業生

     

 今年、ヤクルトドラフト1位指名された村上 宗隆選手。高校生捕手でドラフト1位指名されたのは2013年の森 友哉(西武)選手以来となり、広陵中村 奨成選手とともに話題になった。そんな村上選手の出身校である九州学院のつながりを紹介する。

2015年悔しさをばねに甲子園春夏出場

 九州学院は1911年(明治44年)に開校し今年で創立106年となる歴史深い伝統校である。プロ野球選手以外にも俳優やアナウンサー、学者など様々な方面へ卒業生を送り出している。野球部としては甲子園春6回、夏8回の14回出場している。2010年夏はベスト8、2011年~2012年の期間は数々の強豪校と対戦して、激しい戦いを見せてきた。その中で活躍を見せてきた溝脇 隼人(中日)、島田 海吏(阪神)、大塚 尚仁(元楽天)がプロ入りした。

 2015年春の甲子園は初戦を八戸学院光星と戦い、先制するも敗退。その悔しさをばねに夏は奮起した。村上選手は夏は1年生ながら4番に座り、熊本大会決勝でも2安打1打点の活躍をあげ、5年ぶりの夏の甲子園出場に貢献した。しかし、甲子園では初戦の遊学館戦で無安打となり、全国の壁を感じることになった。チームとしても、2点先制するものの4安打に抑えられ敗退してしまった。その後九州学院は甲子園から遠ざかっているが、村上選手は高校通算52本塁打を放ち、見事にドラフト1位指名となった。背番号は55と左の強打者をイメージさせる番号を背負う。彼の活躍を一軍で見れる日を楽しみにしたい。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第42回 「四国発」的、NPB一軍公式戦レポートから見えた野球の深みと野球観を養う場の必要性【四国発】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第184回 初めてのシーズンが終了!清宮ら高卒組の1年目はどうだった?【ドラフト特集コラム】
第90回 秀岳館旋風から新たな構図も出来て伝統の熊本工に九州学院、文徳も【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
九州学院vsコザ【2018年 練習試合(交流試合)・春】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
都城東vs九州学院【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
九州学院vs桐光学園【2017年 練習試合(交流試合)・春】
早稲田実業vs九州学院【2017年 練習試合(交流試合)・春】
島田 海吏(九州学院) 【選手名鑑】
溝脇 隼人(九州学院) 【選手名鑑】
村上 宗隆(九州学院) 【選手名鑑】
九州学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム