第83回 岡山理大附(岡山県)「広島・薮田選手の出身校!岡山県随一のマンモス校のつながり!」2017年11月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
左から柴田 竜拓、藤岡 裕大(岡山理大附出身)

【目次】
[1]新興校ながら岡山県歴代最高成績
[2]近年の卒業生

 薮田 和樹投手(広島)、高田 知季選手(ソフトバンク)、柴田 竜拓選手(横浜)、九里 亜蓮選手(広島)をはじめとする数多くの選手を次のステージへと送り出し、今年のドラフト会議では、藤岡 裕大選手がロッテの2位に指名された。そんな岡山理大附のつながりを紹介する。

新興校ながら岡山県歴代最高成績

 岡山理大附は1962年(昭和37年)に開校し、生徒数が1学年千人単位と、マンモス高校として知られている。野球部は1962年の開校と共に創部。1980年に開催された第52回大会で甲子園への初出場を果たす。以降、春に5回、夏に5回の甲子園出場を果たしており、1999年に岡山県勢初の甲子園決勝進出および準優勝という成果を叩き出した。この成績は岡山県代表の歴代最高である。岡山県の高校野球においては歴史の浅さから伝統校・強豪校と見なされる事は少ないが、1990年代以降、県大会・地方大会のシード枠を獲得する機会の多い新興校として知られている。

 最近だと2015年春、2007年夏、2004年夏に甲子園出場は果たしているが、いずれも初戦敗退と苦い結果となっている。岡山県としても2011年夏、関西のベスト4と2012年夏、倉敷商のベスト8を除き、甲子園でなかなか成績を残せないでいる。1999年に岡山県で唯一甲子園決勝を戦った経験を持つ岡山理大附の今後に期待したい。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第656回 倉敷商が制した春季岡山大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第131回 球児が日本シリーズで印象に残ったシーン・選手とは?!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第362回 【岡山抽選会後 展望】個の関西、創志学園か チームワークで勝負するおかやま山陽にも可能性あり【大会展望・総括コラム】
第21回 國學院大学【前編】「自分を知ることが自立への第一歩」【先輩から学べ】
第298回 岡山理科大学附属高等学校(岡山)【後編】【野球部訪問】
木更津総合vs岡山理大附【第87回選抜高等学校野球大会】
宇部鴻城vs岡山理大附【2014年秋の大会 第123回(平成26年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
沖縄尚学vs岡山理大附【2014年 練習試合(交流試合)・秋】
高川学園vs岡山理大附【2013年秋の大会 第121回(平成25年度秋季)中国地区高校野球大会】
開星vs岡山理大附【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
九里 亜蓮(岡山理大附) 【選手名鑑】
柴田 竜拓(岡山理大附) 【選手名鑑】
高田 知季(岡山理大附) 【選手名鑑】
藤岡 裕大(岡山理大附) 【選手名鑑】
岡山理大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム