第78回 秀岳館(熊本)編「4季連続甲子園出場達成!急成長を遂げた秀岳館のつながり」2017年10月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]鍛治舎監督の就任で急成長。一躍全国の中心へ
[2]近年の卒業生

近年の卒業生

 プロで活躍する選手も散見されるが、やはり全国区で知られている選手が多く誕生しているのは近年になってからだ。今年春に卒業した選手は、有名どころが勢ぞろい。また今年以降も多くのビッグネームが輩出されることになるだろう。

■1962年卒
・松中 信彦(新日鉄君津-ダイエー)

■2010年卒
国吉 佑樹(横浜DeNA)

■2014年卒
北之園 隆生(巨人)

■2015年卒
藤吉 優(中日)

■2017年卒
九鬼 隆平(福岡ソフトバンク)
原田 拓実(JR西日本)
松尾 大河(横浜DeNA)
中井 雄亮(中部学院大)
天本 昂佑(日本文理大)
堀江 航平(JFE東日本)
木村 勇次(横浜商科大)
有村 大誠(立命館大)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第971回 森、会沢に続く次世代「強打の捕手」は九鬼隆平に期待!【高校野球コラム】
第989回 【秋季岐阜県大会】勝つべくして勝った県岐阜商 秋の岐阜県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第938回 3大大会の優勝校はすべて変わる混戦模様の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第571回 田浦文丸(秀岳館)「必然の活躍を生むチェンジアップと冷静なマウンド捌き」 【2017年インタビュー】
第567回 川端健斗(秀岳館) 「15奪三振の快投を生んだ緻密なコンビネーションと強靭なメンタル」 【2017年インタビュー】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第557回 田浦 文丸(秀岳館)「投手があるから打撃も生きる!」 【2017年インタビュー】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
慶應義塾vs秀岳館【2017年 練習試合(交流試合)・春】
鹿児島実vs秀岳館【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
川端 健斗(秀岳館) 【選手名鑑】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
松尾 大河(秀岳館) 【選手名鑑】
秀岳館 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム