第124回 県立北条高等学校(愛媛)2015年07月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 瀬戸内海に面し、穏やかな気候で知られてる愛媛県。その県庁所在地である、松山市の海沿いに位置する県立北条高校。生徒が学びたい科目を組み合わせて自由に時間割を組む総合学科という特色のある形態を採用し、一人ひとりの個性を伸ばすキャリア育成を実践しています。また、福祉、食物、被服、コンピュータ、商業、英語など、将来を見据えた資格を在学中に取得することができます。

 野球部も、「目標は甲子園 目的は人間形成」という部訓を掲げており、野球だけではなく、人間的な成長にも重きを置いています。
チームは昨年春、27年ぶりの県大会ベスト4試合レポート)に輝くと、今春県ベスト8を達成。着実に力を付け始めています。

 チームを率いるのは名将として知られる澤田 勝彦監督。1996年夏の甲子園では、松山商を率い、全国制覇。決勝戦熊本工との試合は、球史に名を残した「奇跡のバックホーム」で有名です。
澤田監督のもとで甲子園を目指す北条高校のみなさんに、夏へ向けた熱い想いをたくさん語って頂きました!

チーム基本情報を紹介!

北条高校の平田 伊吹君(学年:3年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が20人、2年生が16人、3年生が13人の合計49人です!

Q. 平日の練習時間は何時から何時までですか?

 16時から20時の4時間です。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 校庭で他の部活と共用で使用していますが、グラウンドを借りて練習する日もあります。

僕らの熱い夏 2015
第97回全国高等学校野球選手権大会
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 今年のチームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第366回 手負いの高松商、春夏連続甲子園へ黄色信号 県内高校野球ブームの中、大混戦の夏来る!【香川抽選会後 展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第281回 2016年の高校野球を占う【愛媛編】「混戦模様に断を打つ存在は?2017年『えひめ国体』への胎動にも期待」【大会展望・総括コラム】
第1回 県立北条(愛媛)澤田 勝彦監督が語る 「一流の控え選手たち」【記憶に残る名選手】
第267回 秋の王者・今治西は地区予選から厳しい組み合わせに!春季愛媛県大会、地区大会の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第183回 【第97回愛媛大会展望・後編】松山東、新田、東温など注目校多数!好カードが目白押しの第2、3シードブロック!【大会展望・総括コラム】
帝京第五vs北条【愛媛県 2014年 平成26年度春季愛媛県大会】
平田 伊吹(北条) 【選手名鑑】
渡邉 潤(北条) 【選手名鑑】
北条 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム