目次

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 石川県河北郡津幡町にある県立津幡高等学校は、進路に合わせ高く専門性のある科目を選択できる総合学科とともにスポーツ健康科学科が置かれ、県内のスポーツレベルを現役、卒業生、教職員などみんなで押し上げています。
特に柔道部の強豪として知られており、今年の3月に行われた全国大会にも出場を果たしています。
OBには北京オリンピック男子柔道73kg級日本代表で、現在の男子日本代表ナショナルコーチを務めている金丸 雄介さんがいます。

 野球部は2013年の秋、石川県大会制し北信越大会に駒を進めました。以降、なかなか結果が出ず厳しい戦いが続いていましたが、今年の春季大会では春夏通算28回甲子園出場の星稜昨秋のリベンジを果たし、ベスト8まで進出。夏に向けて右肩上がりの成長を遂げています。
そんな津幡野球部を、副主将の三池 克弥君に紹介していただきましょう!

チーム基本情報を紹介!

三池 克弥副主将(県立津幡高等学校)

津幡の三池 克弥君(学年:3年/役職:副主将)にお話をうかがいました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が17人、2年生が10人、3年生が6人の合計33人です!

Q. 平日の練習時間は何時から何時までですか?

 15時30分から20時30分までです!

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 サッカー部と共用のスペースです。グラウンドは黒土ではなく、実はバックネットも穴だらけです!

おっと!ネットは5時間の練習の合間に、是非直してください(笑)。

僕らの熱い夏 2015
第97回全国高等学校野球選手権大会
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ