第82回 県立大間々高等学校(群馬)2015年06月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 上毛三山の一つ赤城山。そのふもと群馬県みどり市にある群馬県立大間々高等学校。
大間々と言えば、昨年のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成6巡目で指名を受けた金子 将太選手が記憶に新しいのではないでしょうか?また、写真部、美術部、将棋部などの文化部も各コンクールで受賞を果たすなど活躍をしています。

 大間々は共学ではありますが毎年約120名いる新入生のうち女子の割合が多く、野球部も部員を確保するのに苦労しているそう。それでも、毎年チームを作り上げて野球に打ち込んでいます。卒業後、大学の強豪硬式野球部で野球を続ける選手も多く、今年も田中 大樹選手(拓殖大)、高草木 達也選手(城西大)、青木 大地選手(専修大)がそれぞれ進学しています。
部員17人で挑んだ2011年の夏には、3回戦でその年センバツに出場した前橋育英を完封(試合レポート)。ベスト16(試合レポート)に入り、大きな話題となりました。

 今年のチームも人数は少ないものの、まさに少数精鋭。目指すは甲子園と、さらにその先!組織として勝負に臨むために日々練習を欠かしません。そんな大間々野球部を主将の寺田 将也君に紹介していただきましょう!

チーム基本情報を紹介!

大間々の寺田 将也君(学年:3年/役職:主将)にお話をうかがいました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が3人、2年生が3人、3年生が6人の合計12人です!

Q. メンバーギリギリですね!平日の練習時間は何時から何時までですか?

 16時から19時30分までです!

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 校庭に野球部専用の練習スペースがあります。

僕らの熱い夏 2015
第97回全国高等学校野球選手権大会
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 今年のチームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
伊勢崎商vs大間々【群馬県 2012年春の大会 群馬県春季大会】
健大高崎vs大間々【群馬県 2011年夏の大会 第93回群馬大会】
大間々vs前橋育英【群馬県 2011年夏の大会 第93回群馬大会】
大間々 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム