第37回 都立深沢高等学校(東京)2015年06月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 続いて主将の峰友 駿君に加え、副主将の赤岩 大夢君にもお話を伺います!

左から峰友 駿主将、赤岩 大夢副主将(都立深沢高等学校)

Q. 高校野球のどんなところが好きですか?

峰友 駿(以下「峰友」):大会がトーナメントなので、1試合に両チームが全力でぶつかるところです!
赤岩 大夢(以下「赤岩」):監督・マネージャー含め、全員で戦うところです!

Q. 世界一のマネージャーさんですもんね!さて、一番好きな練習は何ですか?

峰友:内野ノックが好きですね!
赤岩:自分はバッティング練習が好きです!

Q. ちなみに、キツイと感じる練習はありますか?

峰友:階段持久走がキツイです…。
赤岩:そうですね、ラントレ(ランニングトレーニング)はキツいです。

Q. キツい時こそ、モチベーションを上げる練習になると思って頑張ってください!では、引退までにこの高校と対戦してみたいという学校はどこですか?

峰友:修徳高校!小学校からの友人が投手を務めているので、対戦してみたいです!

Q. ライバルから一打を放ってみたいですね!赤岩君はどうですか?

赤岩:都立大山高校ですね。自分たちの代で勝てていないので、勝ちたいです!

Q. 一番好きな応援歌は何ですか?

峰友:コブクロの「DOOR」が好きです!
赤岩:「アフリカンシンフォニー」です!

Q. それでは最後に、お2人が野球をする上でモットーにしている、好きな言葉を教えてください!

峰友:「もう一息」です!
赤岩:「実り」です!

チームの合言葉!ありがとうございました!

指導者が語る!このチームの強み

■塩坂 直監督に質問!

Q. 今年のチームは、新チームが始まってから、どのようにチームを作り上げてきたのでしょうか?

 4人の選手が1年生の秋から試合に出ていたということもあり、新チーム始動の段階において4人の経験値や技術はとても安心できるレベルにありました。しかし、他の選手との技術の差がとても大きかったため、7、8月は練習試合を少なめにして、学校のグラウンドでひたすら技術向上の練習を重ねました。
その結果、基本的な技術はついたのですが、試合慣れをすることが出来ず、秋季大会は終始固いまま試合が終わってしまいました。その後ミーティングを重ね、失敗を恐れず思い切ったプレーを心掛けるようになっていきました。
人数が少ないため土日両方練習試合は出来ず、他校に比べて試合数は少ないと思いますが、秋季大会を境に一つ一つの練習試合への考え方や姿勢が見違えるほど変わっていきました!

Q. 選手のみなさんも、成長を実感できているようですね。

 このチームの合言葉は「実り」です。今までのチームには感じられなかったような練習に対する熱意を、このチームには感じます。そんな彼らを支えているのが、「努力は必ず実る」という信念だと思います。この信念を最後まで持ち、後悔のない夏を戦っていきます!

是非とも「実り」を感じられる良い夏にしてほしいと思います!お話を聞かせていただきまして、ありがとうございました!

僕らの熱い夏 2015
第97回全国高等学校野球選手権大会
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
成城学園vs都立深沢【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
都立富士森vs都立深沢【東京都 2015年春の大会 春季大会 一次予選】
中大杉並vs都立深沢【東京都 2011年秋の大会 東京都 秋季大会ブロック予選】
蛭田 龍之介(都立深沢) 【選手名鑑】
都立深沢 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム