コントロールを良くするための練習方法

 体の枝(腕)ではなく幹(体幹・股関節)で投げる、股関節主導の練習方法について解説します。


今回の内容をおさらいしよう!

・コントロールを良くするためには…「枝ではなく幹」で投げよう!【参考:コントロールについて】
・体重移動を上手く使った股関節主導で体がブレない投球を身につけよう!

・何度も繰り返し投げ、前方に体重移動した時の最終的な踏み出し足の角度を確認しよう
・軸足の股関節の引き込みと腕の脱力(体幹や股関節を使うことにより腕が自動的に振られる状態)も注意しよう

続けて練習することにより、股関節の柔軟性や筋力アップ、スタミナも強化できる有効的なトレーニング

 

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートしてください。

このページのトップへ