目次

[1]NPBを代表するバッターやメジャーリーガーも登場!
[2]直近5年間の甲子園のヒーローが数多く登場!
[3]1位は最強世代のあの選手!

 高校球児にとって人気コンテンツ「選手名鑑」。今でも現場にいくとこの選手名鑑に掲載されたいという声が多く聞かれます。

 改めてこの選手名鑑をランキングすると、どの選手が上位に入ったのか?2015年1月1日~2020年4月30日を集計期間として、ランキング化しました。

 かなりの激戦ランキングに!今回はベスト50を紹介していきます。


NPBを代表するバッターやメジャーリーガーも登場!



韮沢 雄也(花咲徳栄-広島東洋カープ)

50位 村上 宗隆九州学院-東京ヤクルト)
 高卒2年目で36本塁打を放ち、今ではプロ野球ファン期待のスラッガーへ成長しました。悔いがあるとすれば、高校時代にもっと踏み込んで取り上げるべきだったと痛感しています。

49位 峯村 貴希木更津総合-日本大)
 1年春からレギュラーで出場し、3度の甲子園出場を経験。2017年度の千葉県を代表する大型遊撃手として活躍しました。

48位 森 敬斗桐蔭学園-横浜DeNA)
 2年秋の関東大会では大活躍を見せ、優勝に貢献。ドラフトが近づくにつれて日増しに注目度がアップし、ドラフト1位になった瞬間、注目度が大爆発。49位にランクイン!

47位 鈴木 昭汰常総学院-法政大)
 侍U-15代表を経験したクレバー型左腕。2016年の春夏ではエースとして活躍し、2016年度の茨城ナンバーワン左腕でした。

46位  清水 大成履正社-早稲田大)
 昨夏甲子園優勝の履正社のエース。大活躍を見せた2年秋の近畿大会。そして甲子園で活躍しつづけ注目度はあがっていきました。

45位 大谷 翔平花巻東-北海道日本ハム-エンゼルス)
 集計期間はすでにプロで大活躍している時。それでも高校時代の情報を知るべく選手名鑑を見るユーザーが非常に多かったです。

44位 松井 裕樹桐光学園-東北楽天)
 プロでクローザーとして活躍してから選手名鑑の注目度が上がっていきました。

43位  髙山 俊日大三-明治大-阪神)
 2011年の甲子園優勝に貢献。そのインパクトは高く、さらに明治大4年時に東京六大学最多安打を達成がかかっていたこともあり、注目度が上がりました。

42位 成田 翔秋田商-千葉ロッテ)
 2015年の甲子園のアイドルとして活躍した左腕。人気が一気に加熱して、ランクインしました。

41位 柿木 蓮大阪桐蔭-北海道日本ハム)
 2年春から選抜で活躍。安定した活躍を見せ、最後の夏に甲子園優勝投手となったことで人気投手となりました。

40位 姫野 優也大阪偕星学園ー北海道日本ハム)
 強豪校をやめて大阪偕星学園に編入。3年春に間に合い、3年夏に甲子園出場。これまでの高校球児ではなかなかいないストーリーを持った選手であり、人気を呼びました。

39位 鈴木 誠也二松学舎大附-広島東洋)
 2016年から広島東洋カープのスター選手として活躍してから高校時代の鈴木選手を知りたい読者が多く、選手名鑑の注目度もあがっていきました。

38位 横田 慎太郎鹿児島実-阪神)
 昨年限りで現役引退した横田選手。プロ入り後も選手名鑑も注目度が高く、ランクインを果たしました!集計を始めた時は卒業していましたが、それぐらいプロ野球ファンから注目されていたことが伺えます。

37位 上野 翔太郎中京大中京-駒澤大-三菱日立パワーシステムズ)
 2015年夏の甲子園出場に貢献。活躍するたびに女性ファンの人気が急上昇。一気にランクインしました。

36位 韮沢 雄也花咲徳栄-広島東洋)
 3度の甲子園出場を経験。さらにU-18代表も経験した大型遊撃手。華やかさを持った選手として高く注目されました。

35位 寺島 成輝履正社-東京ヤクルト)
 2015年オフからドラフト1位候補として注目されたことで注目度が急上昇。甲子園出場、日本代表入りしたことで人気選手となりました。

34位 藤平 尚真横浜-東北楽天)
 中学時代から注目されてきた本格派右腕。横浜のエースピッチャーとして150キロ近い速球を投げるたびに注目度はあがっていきました。

33位 岡本 和真智辯学園ー巨人)
 全野球人の憧れである「巨人の4番」を22歳から経験。2018年の活躍から高校時代の岡本はどんな評価なの?と気になるプロ野球ファンが多く、卒業生ながらランクインしました。

32位 山本 武白志九州国際大付-横浜DeNA)
 山本功児さんの息子として注目を浴びたスラッガー。最後の夏に甲子園に出場して、さらに本塁打を打ったことで、大きく注目度は上がっていきました。

31位  菊田 拡和常総学院-巨人)
 高校時代は「茨城のバレンティン」として騒がれ、巨人3位指名を受けてからプロ野球ファンの注目度は急上昇。31位にランクインしました。