第44回明治神宮野球大会 チーム紹介 県立今治西高等学校(愛媛) 【四国地区代表】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

県立今治西高等学校四国地区・愛媛5年ぶり3回目

チーム紹介

     1回戦で右腕・岡本 健(新日鐵住金かずさマジック・福岡ソフトバンク3位指名)がエースだった神戸国際大附(兵庫)を逆転サヨナラで下し、2回戦では当時・開星(島根)の1年生エースだった白根 尚貴を攻略、ベスト4へと駒を進めた第40回大会以来の出場となる。

     9試合のチーム打率は.350。攻守の肝となる3番・越智 樹捕手(2年・右投右打・今治西中出身)は32打数15安打8打点。四国大会から4番の福原 健太右翼手(2年・右投右打・角野中出身)は25打数12安打6打点1本塁打。5番・サウスポーの神野 靖大投手(2年・左投左打・宮窪中出身)も33打数15安打8打点と、クリーンナップはいずれも4割以上の高打率をマークしている。

     また、8番を打った秋川 優史一塁手(1年・右投右打・東予東中出身)は秋季四国大会準決勝・明徳義塾戦での満塁走者一掃二塁打含む29打数14安打9打点と、チームトップの打点をマークしており、代打陣にも坊っちゃんスタジアムで特大アーチを放った藤原 睦来一塁手(1年・右投右打・大三島中)が控えるなど、下位打線・控え選手の層も厚いのが特長だ。34打数7安打と不振にあえいだリードオフマン・田頭 寛至遊撃手(2年・主将・右投左打・立花中出身)が復調すれば、こと打線については磐石。今秋はスキのない走塁面にも積極的に取り組んでおり、伝統の犠打戦法はもちろんのこと、ヒットエンドランや盗塁を交えた攻めも見られそうだ。

     やや心配なのは守備面。2番でも9番でも確実に仕事をする若狭 大地二塁手(2年・右投右打・北摂シニア<大阪>出身)、田頭、二塁送球2秒を切る強肩の越智 樹など、個人の技量は高いが、四国大会4試合では毎試合の計6失策。9試合合計でも11失策と今治西らしからぬミスが目に付いた。「(優勝すれば四国地区に一般枠が付与される)神宮枠があるので四国の仲間のために、全力で闘う」と大野康哉監督の下、愛媛県では体験できない神宮球場人工芝対策をいかに練ってきたかも、上位進出へのポイントになる。

     なお、一塁コーチャーは外野手のユーティリティ的存在でもある吉原 裕之介(1年・右投右打・松永ヤンキース<広島・軟式>出身)、三塁コーチャーは3歳上の兄・洸太も関西学院大の2番手格として活躍している中内 理貴二塁手(1年・右投右打・宝塚ボーイズ<兵庫>出身)が務める予定。


投手紹介

     愛媛県大会決勝戦四国大会1回戦で1イニング3分の2を無失点で抑えた門田 諄也(2年・右投右打・松山シニア出身)、徳永 亘亮(2年・右投右打・桜井中出身)。そして内野手登録だが、先日行われた東予地区1年生大会ではマウンドにも立った中内、杉内 洸貴(右投右打・立花中3年時に第15回BFAアジア野球選手権大会日本代表選出)も投手をこなせる状況だが、基本的には神野の1本柱といっても過言ではない。

     秋季公式戦全9試合に先発し4完封。74回3分の1を投げて被安打50・18与四死球・67奪三振・失点14・自責点10・防御率1.21。「完封はバックが守ってくれた上での結果」と本人はあくまで殊勝なコメントを残しているが、特に四国大会に限れば、準決勝では明徳義塾決勝では池田を連続完封し防御率0.58という非の打ち所が無い成績を収めた。

     ストレートの最速は135キロに留まるが、インコース低めを大胆に突けるクロスファイヤーの精度は、明徳義塾をわずか3安打に抑えたことで全国レベルにあることが実証された。また、カーブ・スライダー・稀に投げるチェンジアップも右・左打者問わず投げ込める。1年秋からバッテリーを組む越智 樹とのコミュニケーションも四国大会を通じ熟成の度が高まっており、県大会決勝・西条戦のような軽率な配球されなければ、大量失点は考えづらい。

公式戦8勝1敗

 勝ち上がり 相手
東与地区予選代表決定戦9-2新居浜工
愛媛県大会1回戦4-0今治北
準々決勝3-0新田
準決勝3-1帝京第五
決勝5-8西条
四国大会1回戦22-1高知追手前
準々決勝5-2坂出
準決勝4-0明徳義塾
決勝10-0池田

四国大会での登録選手(◎:主将)

背番号 名前学年身長体重
1 神野 靖大 2 169 60
2 越智 樹 2 174 70
3 秋川 優史 1 177 68
4 若狭 大地 2 169 60
5 西本 大悟 2 164 65
6 田頭 寛至 2 169 61
7 西原 健斗 2 168 68
8 杉野 孝太 2 174 74
9 福原 健太 2 172 70
10 門田 諄也 2 175 60
11 徳永 亘亮 2 177 67
12 幸本 伊織 2 180 71
13 藤原 睦来 1 182 78
14 中内 理貴 1 167 56
15 杉内 洸貴 1 171 62
16 越智 裕太 2 169 77
17 岡本 成史 2 165 60
18 吉原 裕之介 1 168 53
19 髙石 湧斗 2 175 61
20 安藤 悠利 1 172 67
記録員 安井 勇人
監督 大野 康哉
部長 石原 剛

決勝でのオーダー

ポジション名前
田頭 寛至
若狭 大地
越智 樹
福原 健太
神野 靖大
杉野 孝太
西原 健斗
秋川 優史
杉内 洸貴

■高校別データ:今治西

(文・寺下 友徳

【関連記事】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
富岡西vs今治西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
今治西vs八幡浜【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第825回 「対県内」を「対四国・全国」へ押し上げろ 秋季愛媛県大会総括【大会展望・総括コラム】
今治西vs松山東【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第793回 秋季愛媛県大会展望!「本命不在」大会を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
今治西 【高校別データ】
今治西伯方 【高校別データ】