目次

[1]2度目の登板で1019日ぶりの白星
[2]何においても妥協しない姿勢で掴んだもの


 前編では、館山昌平選手が一軍に復帰登板を果たしたストーリーをお届けしましたが、後編では、シーズンを終えた今の館山選手取り組みなどをお伝えしていきます。

2度目の登板で1019日ぶりの白星

館山 昌平(東京ヤクルトスワローズ)

 それから、13日後の7月11日。横浜DeNA戦で、館山 昌平は1019日ぶりとなる白星を挙げた。6回1失点の好投で、許したヒットは初回の筒香 嘉智選手のタイムリーヒットのみ。最速147キロもマークした。

「自分が勝つことが目標ではなく、チームが勝つことが目標だったので、チームが勝った瞬間に自分がその試合に参加していたんだという喜びの方が大きかったです」
そう語った館山は、6月以降は11試合に登板し、6勝をマーク。14年ぶりのチームのリーグ優勝の大きな原動力となったことは間違いない。
日本シリーズでの登板は悔しさが残る結果となったが、館山にとって、熱く濃いシーズンとなった。

「優勝は一人でできるものでなく、自分が戻った時のタイミングで、チームが力をつけていたタイミングでもあったので、その時の一員として胸をはって戦うことができました。それは、本当にいい年になったなと感じますね。

 ただ、シーズンが終わった後に、もっと特別な感情があると思っていたんです。やり切った!戻ることができて良かった!という思いで終わるのかなと思ったら、そうではなく、終わった瞬間から今年の反省と来年に向けてという思いがあったので、まだまだ自分は上手くなりたいと思っているなと感じました。

 この2年間、マウンドから離れていたのに、もうそれが昔のことのようで、ずっと一軍にいたときのような、5年前や10年前と変わらない気持ちでこのオフを迎えているのが、不思議な感じです」

 そう言って、安堵の微笑みをもらした。

 シーズンが終わって早々に、すでに来季に向けたトレーニングに取り組んでいるが、館山のトレーニングに対する意識の高さや、徹底したこだわりは、周囲の選手たちも一目置いている。
館山選手がこのオフに実施している詳しいトレーニング内容はこちら!】

 また、館山の場合トレーニングメニューだけでなく、トレーニング時から、着用している用具へのこだわりも深い。例えば、アンダーウェア。

「僕は、アンダーウェアでも、パフォーマンスが上がると思っています。パフォーマンスが10%変わったっていうなら大げさかもしれませんが、2%くらい変わるって言われたら、それくらいなら変わる気がすると思えませんか?例えば140キロ出してみたいという投手が、今130キロ中盤まで投げられているなら、もしかするとウェアの力で138~140キロに届くかもしれない。

 体の皮膚でさえ、全身タイツを着ているようなものなので、その上にさらにウェアを着るわけなので、野球選手であれば、そこには本当にこだわりを持ってほしいところです」

 館山は、アンダーウェアの縫い目にまでこだわりを持ち、わずかなストレスが肩にかかることを嫌い、肩の線から縫い目を少しずらしたデザインを選ぶ。また、肌に対してピッチリしたものより、緩めのアンダーウェアを好んで着る。もちろん、冬のトレーニングで着用するものも、発揮したいパフォーマンスにあわせて、自分に合ったものを探して選ぶという。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。