第5回 814日ぶりの一軍マウンド復帰2015年12月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自分の限界を超えられた瞬間
[2]814日ぶりの一軍登板


館山 昌平(東京ヤクルトスワローズ)

 前向きな言葉でこの一年を振り返る館山だが、一軍のマウンドから遠ざかったプロ野球選手としての空白の2年間。辛くないはずはない。
館山が少しだけ本音を語ってくれた。 

「正直しんどいですよ。だけど、やるしかない。手術をしてしまったら、ケガをする前よりも、一歩ずつ前に進まなきゃいけない。もし、自分一人なら、無理だったなと思います。これが、個人競技なら、2年連続で同じ手術をするのは嫌ですし、タイミングも去年と同じ時期に手術を行っているので、去年よりもちょっとペースが遅いなとか、早いなとか比較できてしまう分、個人競技だったら心が折れるときもあったと思います。それを理由にもう辞めたいと思うこともあるかもしれない。

 ただ、野球はチームプレーなので、一緒にトレーニングする選手もいますし、僕と同じようにリハビリに苦しんでいる選手もいる。もし、手術を何度も経験している年上の僕がそこで諦めてしまえば、同じように諦めてしまう選手も出てくるかもしれないですし、そこは意地でも戻ってやろうと思いましたね」

 館山は復帰に向けた日々のトレーニングの中で、自分のことだけでなく、周囲のチームメイトたちのこともしっかりと考えていたのだ。

「ほんの少しずつでも、日々よくなりたいという思いが僕を支えていました。まだリハビリをしている選手たちが、僕が復帰することによって、『よし!自分も頑張ってやろう!僕も館山さんに続くんだ』と思ってもらえれば、その選手たちの頑張りがもしかしたら2軍選手たちを後押しするかもしれない。リハビリ選手というのは試合にも出られない、いわば3軍みたいなものなので、その3軍の頑張りが2軍選手を押し上げて、2軍選手が1軍選手を押し上げていくという、つながりになっていけばいいなと思っていました」

 今シーズン、リーグ優勝を果たしたヤクルト。復帰後の館山の活躍は大きな注目を集めたが、実はこのリハビリ期間中も、チームにとって館山の存在はとても大きなものだったことがうかがえる。

814日ぶりの一軍登板

 その館山が、1年のリハビリ期間を経て、ついに一軍復帰を果たしたのは、2015年6月28日の巨人戦。実に814日ぶりの一軍での登板となった。

「それほど緊張感はなかったのですが、球場に入るときは、なんだか異様な雰囲気でした。ファンの方たちがたくさん出迎えてくださっていて、なんだか引退試合のような雰囲気でしたね」
このとき、5回途中4失点の内容で復帰登板を果たした。マウンドを降り、ベンチに戻って、ゲーム展開を見つめる館山。しばらくすると、館山の目から涙がこぼれ落ちた。

「あぁ、俺、野球をやってるんだ」

 長く苦しかったリハビリの日々を乗り越えて、ようやく、チームメイトと一緒に勝利を目指せる日がやってきた。
館山の涙は、これまで抱いてきたチームの主力投手としての募る思いを物語っていた。

(文=安田 未由


シーズンを終えた今、館山選手が感じていることや、オフシーズンに取り組んでいるトレーニングについてなど、このストーリーの続きは、12月15日(火)に公開します!

注目記事
・【12月特集】冬のトレーニングで生まれ変わる

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs日大藤沢【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
日大藤沢vs桐光学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
日大藤沢vs鎌倉学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
日大藤沢vs座間【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
日大藤沢vs横浜隼人【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第855回 名打撃コーチ・石井琢朗が高校球児へメッセージ「自分がなりたい打者像を見つけよう!」【後編】 【2018年インタビュー】
第851回 3年連続チーム打率1位!名打撃コーチ・石井琢朗が語る「振る力の重要性」【前編】 【2018年インタビュー】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
館山昌平、復活への道
日大藤沢 【高校別データ】

プロフィール

館山昌平
館山 昌平(たてやま・しょうへい)
  • 経歴:日大藤沢高校
    −日本大学
    −東京ヤクルトスワローズ
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181cm/98kg
  • ポジション:投手
  • 生年月日:1981年3月17日
  • 出身地:神奈川県厚木市
  • 上記データは掲載時のものとなります。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム