第5回  足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか? 【永久保存の実験データ】編!2013年12月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

検証結果―スポーツパフォーマンス―


 (3)スポーツパフォーマンス
 ナイキ MVP フリー トレーナー エリートを履くことによるトレーニング効果を、50m走、垂直飛び、反復横飛びなどのスポーツパフォーマンスから総合的に評価検証したものである。

1. 50m走
 実施前に比べ実施後の数値は、個人により異なるものの、平均値で0.06秒ほど短縮されている。

2. 垂直跳び
 実施前に比べ実施後の数値は、50m走と同様個人により異なものの、平均値で0.65cmほど下回った。

3. 反復横飛び
 実施前に比べ実施後の数値は、全被験者が上回っており、平均値でも5回程上回っている。

 スポーツパフォーマンスの評価について、垂直跳びで低下の傾向がみられるものの、50m走と反復横とびの2種目では、実施後の記録が上回っており、反復横飛びでは被験者全員の向上が認められた。スポーツパフォーマンスは、足部機能を総合的に評価するものであり、これらの結果もまた、ナイキ フリーを履ことによるトレーニング効果の現われと考える。 

まとめ


 本実験では、ナイキ MVP フリー トレーナー エリートを履くことによる足部機能のトレーニング効果の有無を目的として検証を行った。結果、被験者数の少なさやトレーニング期間の短さなどにより、有意な結果を得るまでには至らなかったが、足部機能やスポーツパフォーマンスなどから考え、ナイキ フリーを履くことによるトレーニング効果が少なからず確認できたものと思われる。

―――いかがでしたか?普段なかなか見られない、本格的な検証と、その結果、考察。興味深く見られたのではないでしょうか。阿久根教授、ご協力いただきありがとうございました!
 みなさんも、足裏を鍛え、ますます野球の上達に結びつけていきましょう!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第158回 足裏と足指をもっと機能的に使おう【セルフコンディショニングのススメ】
第154回 野球に必要なバランス能力を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第4回 プレーヤーが3ヶ月間、徹底検証! 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか?【阿久根 英昭教授の野球が上達する足裏メソッド】
第85回 走力向上ドリル 説明・実証編 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第84回 足裏のトレーニング&走力向上ドリル Part3 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

阿久根 英昭
阿久根 英昭(あくね ひであき)
  • 1973年 日本体育大学体育学部卒業
    現 桜美林大学健康福祉学群 教授
  • 主な著書
    『足力』(スキージャーナル)
    『いま子供たちの足の裏が危ない』(主婦の友社)
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム