第3回 夏直前!戦力レポート 智辯和歌山高等学校(和歌山)2013年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 復調に期待がかかるエース吉川雄大
[2] 選手の底力が試される和歌山大会


復調に期待がかかるエース吉川雄大

▲智弁和歌山 吉川雄大投手

 智辯和歌山が今年も甲子園で期待できるのは8年連続選手権出場の実績、高嶋仁監督の甲子園へ向けた調整法があるからだろう。

 智辯和歌山は7月の地方大会では8月の甲子園でピークになるように調整を行っている。6月は徹底とした猛練習で、選手を追い込む。そのため、7月までは体のキレがやや鈍る。だが甲子園になって軽い調整を行いピークを迎える。とはいえ、普通の学校ならばそのような調整法はしない。甲子園優勝経験のある監督だからこそできる調整法であろう。その調整法で8年続けて甲子園までに勝ち進んだ。

智辯和歌山が甲子園に行くために欠かせないのが昨年からエース格の吉川 雄大だ。最速140キロを計測するストレート、スライダー、カーブのコンビネーションで勝負する本格派左腕で、しっかりと勝負が出来れば、東邦打線相手にも通用すると考えていた。

 吉川は6月の練習試合でも、連続ホームランを浴び、さらに打たれ続け13失点を喫した経験がある。13失点した後の次のイニングも登板させるか注目が集まったが、高嶋監督は続投をさせた。

 それは吉川の成長の期待を込めての続投だ。吉川が成長すれば、大きな戦力になってくれることは間違いない。また、智辯和歌山は継投で勝ち上がるチームでもある。昨年でいえば、吉川のほかに蔭地野 正起(ニチダイ)、土井 健太郎が投げていた。今年は第2試合で4失点完投勝利をあげた原 大輝(3年)、1年生ながら切れのある速球を投げる中村 龍河(1年)がスタンバイする。多くの投手が奮闘し、9年連続選手権出場を目指す。

このページのトップへ

【次のページ】 選手の底力が試される和歌山大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第3回 智辯魂を胸に刻み、世界の強打者をねじ伏せる!池田陽佑(智辯和歌山)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs粉河【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs和歌山南陵【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム