第3回 夏直前!戦力レポート 智辯和歌山高等学校(和歌山)2013年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 復調に期待がかかるエース吉川雄大
[2] 選手の底力が試される和歌山大会


復調に期待がかかるエース吉川雄大

▲智弁和歌山 吉川雄大投手

 智辯和歌山が今年も甲子園で期待できるのは8年連続選手権出場の実績、高嶋仁監督の甲子園へ向けた調整法があるからだろう。

 智辯和歌山は7月の地方大会では8月の甲子園でピークになるように調整を行っている。6月は徹底とした猛練習で、選手を追い込む。そのため、7月までは体のキレがやや鈍る。だが甲子園になって軽い調整を行いピークを迎える。とはいえ、普通の学校ならばそのような調整法はしない。甲子園優勝経験のある監督だからこそできる調整法であろう。その調整法で8年続けて甲子園までに勝ち進んだ。

智辯和歌山が甲子園に行くために欠かせないのが昨年からエース格の吉川 雄大だ。最速140キロを計測するストレート、スライダー、カーブのコンビネーションで勝負する本格派左腕で、しっかりと勝負が出来れば、東邦打線相手にも通用すると考えていた。

 吉川は6月の練習試合でも、連続ホームランを浴び、さらに打たれ続け13失点を喫した経験がある。13失点した後の次のイニングも登板させるか注目が集まったが、高嶋監督は続投をさせた。

 それは吉川の成長の期待を込めての続投だ。吉川が成長すれば、大きな戦力になってくれることは間違いない。また、智辯和歌山は継投で勝ち上がるチームでもある。昨年でいえば、吉川のほかに蔭地野 正起(ニチダイ)、土井 健太郎が投げていた。今年は第2試合で4失点完投勝利をあげた原 大輝(3年)、1年生ながら切れのある速球を投げる中村 龍河(1年)がスタンバイする。多くの投手が奮闘し、9年連続選手権出場を目指す。

このページのトップへ

【次のページ】 選手の底力が試される和歌山大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
仙台育英vs智辯和歌山【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
智辯和歌山 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム