僕らの熱い夏

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第83回 【三年生座談会】鹿児島情報高校(鹿児島)2013年08月19日

【目次】
[1]「このメンバーなら優勝できる」
[2]夏の鹿児島大会を振り返って
[3]最後は気迫の差
[4]鹿児島情報での3年間

鹿児島情報高等学校野球部



 この夏の鹿児島大会は混戦が予想されていた。昨秋・鹿児島情報、今春・鹿屋中央NHK旗鹿児島実と大会ごとの優勝校が入れ替わり、夏のシード校を決める投票も割れ、僅少差の争いになった。センバツに尚志館が出場したことで、初めて大隅半島からの甲子園出場校が誕生し、大隅からの春夏連続出場があるかも注目の1つだった。
 第1シードに選ばれた鹿児島情報や大隅勢などの「新興勢力」が鹿児島の球史を塗り替えるのか、それとも鹿児島実樟南神村学園などの強豪校が待ったをかけるのか、見どころの多い大会だった。 鹿児島情報はこの夏を盛り上げた主役の1つだった。大会屈指の好投手・二木 康太を擁し、昨秋優勝、今春準優勝、2季連続九州大会出場の実績を引っ提げ、シードの一番手に選ばれた。ちなみに、12年夏までの実績は、夏は11年のベスト8が最高戦績であり、秋春も99年秋にベスト4入りして地元開催の九州大会に1度出場したことがあるのみである。
 悲願の甲子園初出場は果たせなかったが、歴史を塗り替えようと夏に挑んだ鹿児島情報の中心選手4人に話を聞いた。

座談会メンバー

下之薗 誠也(主将、遊撃手)
山崎 裕貴(三塁手)
二木 康太(投手)
平岡 孝太(捕手)

「このメンバーなら優勝できる」

――今年はシードがどうなるかも読めないほど、混戦が予想された夏でした。第1シードとして挑む心境やチーム状態はどうでしたか?

下之薗 誠也(以下「下之薗」) 第1シードは尚志館か、鹿児島実だと思っていたので、うちが選ばれてびっくりしました。でも、みんなに話すと「よっしゃー!」と喜んでくれて、良い雰囲気で夏を迎えることはできたと思います。

下之薗 誠也選手

二木 康太(以下「二木」) 5月のNHK旗鹿屋工にコールド負け(2013年5月27日)でしたが、そのことを引きずることはありませんでした。その後の練習試合も良い感じでいけていたので、夏前はNHK旗の悪いイメージは頭にありませんでした。

平岡 孝太(以下「平岡」) 鹿屋工は秋、春とうちに負けたのを修正して、逆方向にしっかり強い打球を打ち込んでいました。春と同じリードをしたのが反省点でした。高低差を使わず、外角中心の弱気な配球をしていたところを、しっかり踏み込んで打たれていました。
 大会が近付いてくると、二木の調子も上がっていたので不安はありませんでした。

――夏を制するためには打撃力の向上がカギでしたが、そのための準備はどうでしたか?

下之薗 狙い球を絞り、10割の力をぶつけるのではなく、8、9割の力で、センターから逆方向に打つ意識を、NHK旗から夏までチーム内で徹底して高めていくことに取り組んでいました。うちは二木が中心のチームですから、エースにかかる負担は大きくなります。体力的にきつくなる準決勝、決勝の終盤を勝ち抜くためにも、打撃陣が頑張って二木を助けるつもりで準備をしてきました。

山崎 裕貴(以下「山崎」) 打ってやろうという強い気持ちを持っていました。自分が打たなかったら勝てないぐらいのつもりで、しっかり振り込みました。「甲子園」を意識せず、目の前の一戦一戦を大事に戦っていくことに集中していました。

二木 打撃の調子も上がってきていたので、僕がしっかり投げて打撃陣が点を取ってくれれば、このメンバーなら優勝できると思っていました。

平岡 NHK旗で負けた悔しさが良い刺激になって、練習に取り組めていたと思います。

このページのトップへ


【次のページ】 夏の鹿児島大会を振り返って

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
第95回全国高等学校野球選手権記念大会特設ページ
【関連記事】
第799回 神村学園、攻守に安定感 「守り勝つ」野球を再認識  2018秋鹿児島大会総括【大会展望・総括コラム】
鹿屋中央vs鹿児島情報【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島情報vs武岡台【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島情報vs徳之島【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島情報vs加治木【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島情報vs種子島【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第628回 初戦から激戦必至!鹿児島県大会の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第1回 【2017年 キミは最も輝いていたで賞!】鹿児島編・リスキーなプレーをみせた松永遥平(鹿児島)【現地記者の高校野球取材ノート】
鹿児島情報 【高校別データ】

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム