第5回 社会人野球から学ぼう 元・鷺宮製作所 岡崎淳二さん2013年12月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
社会人野球から学ぼう 元鷺宮製作所 岡崎淳二さん

 川越商(現・市立川越)2年の夏に甲子園出場。埼玉県予選で2年連続の完全試合を達成されました。其の後東洋大に進学し、大学選手権にも出場。鷺宮製作所に入社後は、左のエースとして長年チームを支え続けました。そんな岡崎さんに、ご自身の経験や投球術、そして高校生に伝えたいことを語って頂きました。長いキャリアの中で培われた経験は、まさに生きる教科書。是非参考にしてみてください。

【目次】
[1]夏の埼玉大会では2年連続完全試合を達成 / [2]合理的なフォームから繰り出す投球術を語る / [3]長く活躍できる野球選手であるために /

夏の埼玉大会では2年連続完全試合を達成

元鷺宮製作所 岡崎淳二さん

――岡崎さんといえば、社会人野球での活躍はもちろんですが、川越商(現・市立川越)時代に目を移すと2年生の夏に甲子園に出場。しかも、夏の甲子園埼玉大会で2年連続完全試合(第71回対川本高校戦、第72回対行田高校戦)達成というものすごい記録があります。

岡崎淳二さん(以下、「岡崎」) そんなこともありましたね。たまたまだと思いますけど(笑)。1年生からベンチに入っていたんですけど、実際に投げるようになったのは3年生が引退してから。1年生の秋からですね。

――1年生からベンチ入りですか。では、初めから、甲子園やその次、先のレベルを狙っていたんですか?何か特別な練習はしていたのでしょうか?

岡崎 それがよく言われるんですけど、全くなかったんです。ただ、上手くなりたいっていうのは常にあったので、どうすればいいのか、ということを考えてはいました。でも、僕の感覚では、ごく普通の高校生だった。高校にも野球がしたくて入った、というのはなかったですから。それが気付いてみたら、ずいぶん長いことやってましたね(笑)

 基本的に『何を教わった』ということはなくて、僕はとにかく自分で考えないと進めないんですね。小さい頃からみんなと遊ぶ中で、どうやって上手くやるか、というのを考えていたんです。メンコとか、全然野球と関係ない遊びだったんだけど、そこで考えることが身についていったのかなぁ。
 それで高校生の時に何を考えたかというと、僕のスタイルはストレートが主体というか、投球の基本。だからストレートを投げるとすればどうするのが一番良いか、ということでした。わからないなりに考えて、綺麗な回転をかければいいんじゃないか?と。回転を見ながらキャッチボールをするようになりました。それは高校一年生から、それこそ社会人野球を引退するまでやっていましたね。やっぱりキャッチボールは大事です。投げ方が悪いと回転も綺麗にいかないし、そこで自分の調子が判断できる。なんか悪いんだな、と調整も出来るんです。これはちょっと真似してみてほしいですね。

――投げ方のお話が出ましたが、岡崎さんといえば変則フォームのイメージがあります。いつごろからこの投げ方になったんでしょうか?

岡崎 野球を始めたころは普通のいわゆる正統派だったんです。変わったのは社会人に入ってから。2年目に手術したんですけど、それからですね。それまで、腕が振れないと良いボールが行かない。調子の波もある。どうにかしたいな、と考えて工夫しているうちに今のフォームになっていったんです。フォームを変えよう、ではなく、腕を振ろうと思っていた。そこからです。試行錯誤しながらも、ボールの質が上がっていく腕の振り方を追いかけていたら、勝手に今のフォームになっていましたね。
 だから僕の中では変則とは思っていないんですよ(笑)。自分の身体を使って合理的に投げた、自然なフォームなんです。

【次のページ】 合理的なフォームから繰り出す投球術を学ぶ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大二vs市立川越【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
市立川越vs南稜【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
市立川越vs埼玉平成【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第30回 「侍ジャパン大学代表候補」から学ぶ3つの心得【先輩から学べ】
第775回 センスと思考力を併せ持つ社会人No.1スラッガー・笹川晃平(東京ガス) 【2018年インタビュー】
川越東vs市立川越【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
市立川越vs武南【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり 【2018年インタビュー】
第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
第355回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【後編】「トレーニング後に、さらにやり切れるかが成功の分かれ目」 【2015年インタビュー】
第354回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【前編】「プロ入り6年目でレギュラー定着に導いたトレーニング術」 【2015年インタビュー】
川越商 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】

プロフィール

岡崎 淳二(おかざき・じゅんじ)
岡崎 淳二(おかざき・じゅんじ)
  • 経歴:川越商高校
    −東洋大学
    −鷺宮製作所(1995-)
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:175cm/62kg
  • ポジション:投手
  • 生年月日:1972年06月02日(41歳)
  • 出身地:愛媛県
  • 上記データは掲載時のものとなります。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム