第21回 JX-ENEOS・前田 将希選手兼コーチが語る「スライディング術」 【後編】2016年02月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]スライディングにおいても視野の広さが必要 / 捕手の動きを見てきたから成し得た「神技」
[2]技術がなければ駆け抜けの方が早い
[3]【動画】前田コーチのアドバイスを実演!スライディング動画

 前編では前田 将希選手兼コーチにスライディングのコツなどを教えていただいた。後編ではさらに実戦的なスライディングができるための考え、またヘッドスライディングの是非について語っていただいた。

スライディングにおいても視野の広さが必要

視野の広さの重要性を語る前田 将希選手兼コーチ(JX-ENEOS)

 スライディングおいてもう1つ、前田兼任コーチが重視しているのが“視野を広くする”こと。スライディングをする時は、ただがむしゃらに滑り込むのではなく、ベース上で待ち構えている野手の動きを見ることが必要だという。
「視野を広くするのは野球で大切なことの1つですが、これはスライディングにも当てはまるんです。野手の捕球体勢を見て、送球が高いようならそのまま滑ればいいし、送球が逸れたなら避けながら、交錯しそうなら回り込みながらと、瞬時にどう滑るか判断するんです。もちろんスライディングでは、絶対にセーフになるんだ、という強い気持ちは大事ですが、そうした一方でセーフになるには、冷静さを持ち合わせることが求められると思います」

 前田兼任コーチによると、特に視野を広くすることが求められるのが、本塁へのスライディングだという。
「捕手の捕球体勢を見れば、それがフェイントの場合もありますが、どのあたりに返球が来るか想定できますからね。どこに滑ればセーフになるか、判断材料になるんです」

 さらに頭に入れておきたいのが、捕手は捕球からタッチにいく際、落球する可能性があるということ。前田兼任コーチは「そう考えるとケースにもよりますが、ホームへ滑る時は、タイム的なロスになっても回り込んだ方がセーフになる確率は高まるでしょう」と話す。特に捕手の捕球からタッチにいく動作が大きくなりやすいのが、ライト方向からの返球の時だ。
「これもケース次第ですが、ライトへのヒットで二塁から還って来る時は、回り込んだ方がベターだと思います」

捕手の動きを見てきたから成し得た「神技」

 前田兼任コーチは高校時代から、本塁に滑り込む際は捕手の動きをよく見てきた。その積み重ね、その成果が最大限に発揮されたのが、JX-ENEOSが大会史上最多となる11回目の優勝を(1962年以来の日本石油=現JX-ENEOS以来となる)51年ぶりの大会連覇で飾った 2013年の都市対抗の初戦、NTT西日本との開幕ゲームだったという。

 場面は2対2の同点で迎えた延長10回裏。二死一、二塁と、一打サヨナラのチャンスが訪れたところで、前田兼任コーチは二塁の代走に起用される。すると代打・山岡 剛(日大高-早稲田大、元JX-ENEOS選手)が放った打球がレフトの前へ。が、左翼手はバックホームに備えてかなり前寄りにいた。それでも前田兼任コーチは勝負をかけて本塁に突入する。タイミング的にはセーフになるのが難しい状況で「正直なところアウトかなと、半ば諦めていたんです」と振り返る。

このページのトップへ

【次のページ】 技術がなければ駆け抜けの方が早い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
日大三vs早稲田実業【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs関東一【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs國學院久我山【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
糸原 健斗(開星) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム