宇井野 一真(銚子商業)

銚子商業、秋6年ぶりのベスト4進出!

 古豪復活の期待がかけられる銚子商
ボール回しはきびきびと行い、シートノックも基本忠実にこなす。凄みはないが、実に破綻が小さい堅実な野球を展開する。その動きはきびきびとしていて、さすがベスト8まで勝ち進んだチームであることがうかがえる。

対するは昨秋優勝の千葉英和
潜在能力の高い選手が今年も集まっており、ベスト8まで勝ち進んだ。その千葉英和に対して、銚子商はどのような試合運びを見せていくか。

千葉英和小又 圭甫。180センチ近くのすらっとした投手体型。腕を鋭く振り下ろすオーバーハンドで、直球の勢いは中々のモノがあり、135キロ前後。最速で140キロ近くに達していてもおかしくないストレートであった。銚子商は、小又のその速球にしっかりと付いていくことが出来ていた。

銚子商はエース宇井野 一真。1年秋から登板している投手だが、この1年間で格段に伸びた左腕投手だ。まず下半身が太くなった。

170センチには満たさない投手だが、しっかりと鍛えこんでいたのが伺える。何よりも顔つきが変わった。千葉英和打線に臆する様子は全く見られない。小さなテークバックから振り下ろすキレのある直球をコーナーギリギリに投げ分け、追い込んでからは懐へビシッと投げ込み、見逃し三振を奪っていく。精神的な強さも感じられた。

4回表、銚子商は3番宇井野が四球で出塁。4番金井 大和がライト前ヒットで、無死一、三塁のチャンスを作る。海老 捷の犠牲フライで1点を先制。
さらに6回表、一死から2番三島 直之がレフト線へ二塁打を放ち一死二塁。3番宇井野のレフト前ヒットで一死一、三塁となって4番金井がセカンドゴロ。万事休すとなったが、ここで相手野手のエラーで1点を追加する。