2011年07月12日 市原臨海球場

専大松戸vs千葉明徳

2011年夏の大会 第93回千葉大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

専大松戸・上沢直之

二人のエースが掴んだもの&人工芝の怖さ

早くも千葉県は好カードが実現した。上沢 直之 を擁する専大松戸鈴木 康平を擁する千葉明徳の対決。
プロ注目投手同士の対決ということもあり、市原臨海球場はスカウトがぞろぞろ。内野席はほぼ満席となり、注目度の高さが伺えた。
この試合は結果をいえば6-6の再試合であった。今回は上沢 直之 鈴木 康平の焦点を絞り、試合の感想を述べていきたい。

専大松戸上沢 直之 の調子自体はあまりよくなかった。いや仕上がらなかったというのが正しい表現かもしれない。理由としては関東大会以降にフォーム改造を行ったからだ。左足のひざをぐっと伸ばし、その反動で腕を鋭く振るフォームに切り替えた。軸足に力を溜めて体をバネのように使い、前へ推進していく。その力によって腕の振りの速度を上げて威力向上を図った。ただその分、コントロールが付けづらく、すっぽ抜けて指にかからないストレートが見えた。

序盤はその傾向が見られ、調子が悪いのかなと思わされた。だが後半になってストレートの勢いが増してきて、上沢らしい力感溢れるストレートが戻ってきた。本人も「後半になって納得いくストレートが投げられました」と振り返るとおり、ようやくフォームのバランスが良くなり、角度・伸びを兼ね備えたストレートを投げられていた。
マックスは141キロ。もう少しスピードは出ているのではないかと思わせるストレートであった。しり上がりに調子を上げてきた上沢。ようやく伸びのあるストレートを投げられる感覚は掴んだという。
さらに凄みを増すストレートを投げるコンスタントに投げられるようになると面白いだろう。

【次のページ】 専大松戸vs千葉明徳(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【インタビュー】北海道日本ハムファイターズ 上沢 直之投手 (前編) 【ニュース - インタビュー】
最速148キロサイド・横山陸人(専大松戸)の意気込み「高橋礼さんのような投手になりたい」 【ニュース - 高校野球関連】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs千葉明徳【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs昭和学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第215回 【逸材レポート】横山陸人(専大松戸)「貫き続けたストレートのレベルアップ。だからこそ今の立ち位置がある」【ドラフト特集コラム】
第589回 令和になっても習志野とのライバル対決を制し、甲子園へ 銚子商(千葉)【後編】【野球部訪問】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第768回 2018年のテーマは「逆方向」!春に結実 野村佑希(花咲徳栄高)  【2018年インタビュー】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
専大松戸 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
第93回千葉大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る