26年ぶりの春の関東へ ケガを乗り越えたエース・坂本崇斗が4失点完投



市立船橋先発・坂本崇斗

<春季高校野球千葉大会:市立船橋5-4拓大紅陵>◇3日◇準決勝◇千葉県野球場

 千葉県有数の強豪として知られてきた市立船橋が、26年ぶりに春季関東大会の扉を開いた。同校OBの指揮官・海上監督は「先発した坂本が、エースとして責任感をもって投げてくれた」と最後までマウンドに立ち続けた坂本 崇斗投手(3年)の好投を称えた。

 この試合で、立ち上がりは自己最速141キロを計測するなど、力強い真っすぐを使っていたが、「打たれ始めましたので、配球を変えました」と130キロ台のカットボールも上手く使って昨秋の準優勝校・拓大紅陵を抑える好投。最後まで1人で投げ抜き、関東大会に導いた。

 セットポジションから始動して、軸足にしっかりタメを作ると、鋭い横回転で右腕をスリークォーター気味の高さで振り抜く。開きがしっかり抑えられたフォームだ。指揮官はは一冬超えて「チームのことを考えて行動できるようになった」と成長ぶりに目を細めた。

 坂本本人がオフシーズンに取り組んできたのは、「ストレートの質を向上させよう」というテーマを掲げて考えた末の練習だった。

 肘のケガが癒えてから本格的に練習し始めたが、そのときから質を高めることを考えてきたという。そのためにリリースの感覚を変えてきた。

「オリックス・山本 由伸投手(都城高出身)の動画を見まして、リリースを早くして、球を指ではじくようなイメージで投げるように変えました。それをしたことで、球の質が高まった手ごたえがあります」

 この試合で自己最速を更新したが、決して必然ではなく、けがを乗り越えて、練習を積み重ねた成果だった。

 またコーナーを広く使えたことも大きかった。拓大紅陵の指揮官にして、元プロ野球の和田監督が「内角を突く投球が良かった」と坂本を評価。投球術も優れていることを示した。

 自軍、相手からも賞賛された坂本が、決勝戦または関東大会でどういった投球を見せるのか。
 坂本は2回に2点を失い、苦しい試合運びとなったが、3回に反撃。3番・森本 哲太外野手(3年)の一打と、相手のミスで勝ち越しに成功。4回にも追加点を奪い、4対2とリードを広げた。

 5回、6回に拓大紅陵へ1点ずつ返されて1点差になったが、そこからは坂本が粘りの投球。終盤も得点圏にランナーを背負いながらホームを踏ませずに、拓大紅陵を下した。