この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

スカウト注目の市立船橋vs東海大浦安の一戦は市立船橋の大型捕手・片野の2本塁打で決着!



4番キャッチャー・片野優羽(市立船橋)

 2回戦屈指の好カードと呼ばれた市立船橋東海大浦安の一戦。試合は4対3で市立船橋が競り勝ちベスト16入りを決めた。

 市立船橋は140キロ近い速球を投げ込む好左腕・森本 哲星とプロ注目大型捕手・片野 優羽の強力バッテリーが注目され、東海大浦安は大型左腕・金 韓根。対決にNPB複数球団3名のスカウトが訪れていた。

 まず見せ場を作ったのは片野だ。東海大浦安のアンダースロー・川口 瑛大の前に片野の2打席目が回るまで6三振を奪われていたが、片野は見事にレフトスタンドへ打ち込む本塁打。さらに第4打席でも金から本塁打を放っている。対応が難しいアンダースローの投手と県内屈指の左腕から打ったことはポイントが高い。構えもどっしりとしていて、無駄のないスイング軌道で、ボールの下側を捉え、45度の角度で外野の奥深くへ飛ばす姿を見るとスラッガーとしての素質を感じさせる。

 またスローイングを見ると、捕ってすぐ投げるのではなく、キャッチボールの感覚で、しっかりとモーションをつけて投げる。イニング間の二塁送球はキャッチャーの見せ場ではあるが、片野は強いボールを常に投げたい意識があるのだろう。試合では一塁ランナーのリードが大きい選手を見逃さず牽制でアウトする場面があった。その時は実に素早いステップでアウトにすることができていた。

 これほどスケールを兼ね備えた大型捕手も、なかなかいない。視察していたスカウトにも良いアピールになったに違いない。

 また森本 哲星は、テークバックを大きく取ってリリースに入るオーバーハンド。常時130キロ〜136キロの直球は威力があり、空振りも奪うことができる。スライダーのキレもあり、この時期にしてはかなり速い部類に入る。8回途中まで9三振を奪ってはいるものの、さらに高いレベルを意識するのならば、ストライク先行をして圧倒して、さくっと終わらせるレベルまでには達してほしい。

 一方、6回途中からマウンドに上った金は、角度よく振り下ろすフォームから135キロ前後の速球は威力があり、120キロ前半のスライダーのキレも悪くないが、制球力が課題で単調な投球となってしまう。ハマれば奪三振ラッシュは期待できるが、すべてボールの威力で抑え込もうとしていて、余裕が感じられない。

 森本と金はこの時期の高校生左腕としてはボールの球威そのものは県内トップレベル。強く腕を振る姿勢も良いので、その良さはキープしつつ、投球動作の無駄をなくし、余裕を持って投球ができるようになってほしい。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています