この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

背番号10・金綱伸悟が快投 木更津総合が17得点で5回コールド勝ち



金綱 伸悟(木更津総合)

 地区予選から千葉黎明の一戦で、レベルの高さを見せてきた木更津総合。今大会の注目されるチーム相手に、磯辺がどこまで力を発揮して、相手に思うような野球をやらせないか。

 逆に木更津総合がどれほど力を発揮できるか。そこに焦点を当ててきたが、初回から木更津総合がペースを握った。

 初回、2番・朝倉 暖と4番・水野 岳斗のタイムリーで2点を先取した木更津総合は、先発に背番号10を付けた金綱 伸悟がマウンドに上がる。力強く躍動感ある投球フォームから、威力のある真っすぐに切れ味鋭いスライダー系の縦の変化球で、磯辺の初回の攻撃を無失点に抑えた。

 2回に磯辺4番・菊地慶哲に初ヒットを許すものの、味方の好守にも救われてリズムに乗ると、3、4回は三者凡退。低めのスライダーで空振りを奪い、磯辺に反撃の糸口すら与えない。

 その後、3回に一挙8得点を奪うなど、木更津総合らしい鋭くシャープなスイングで打線を繋ぐ。4回、5回にも着実に点数を奪うなど、毎回得点で試合を決定づけた。

 金綱は最後まで投げ抜き、17対0の5回コールドで木更津総合磯辺を下し、初戦を幸先よく勝利した。

 新チームとは思えぬ打線の仕上がりには驚いたが、先発の金綱の好投も素晴らしかった。

 がっちりとした体格から投げ込む力強い真っすぐも魅力的だが、それ以上に変化球でしっかりとカウントを取ることも出来れば、追い込んでからは空振りも奪える。

 この試合、磯辺相手にストレートとスライダー中心のシンプルな組み立てで5回被安打2、奪三振5と好投。金綱の活躍は優勝を目指すチームにとって大きな戦力になるに違いない。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています