この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

東海大市原望洋が「素直に打ち返す」伝統の逆方向への打撃で圧勝



堀川 孝汰(東海大市原望洋)

◆落ち着いてプレーができるか

 千葉県大会の組み合わせが決まった時点で、1回戦のなかでは注目カードに挙げられていた一戦。夏は専大松戸に敗れるものの、善戦した県内屈指の実力校同士とはいえ、県大会の初戦は硬くなるところもある。

 どれだけ落ち着いて自分たちの野球を展開できるか。そんなところに焦点を当ててきたが、力を発揮したのは東海大市原望洋だった。

◆逆方向打撃が奏功して大量得点

 先攻の東海大市原望洋は3対2で迎えた2回、一死から9番・植田 彩幹のショートグラブをはじく逆方向へのヒットでチャンスを作ると、2番・相原 海人のバントヒット。5番・我妻 諒太のレフト前などで4点を入れて7対2と千葉明徳を突き放した。

 3回には3番・堀川 孝汰のライト前、4番・日髙 彰太の右中間へのタイムリーと逆方向へのバッティングで3点を追加して10対2とすると、6回にもダメ押しで3点を追加するなど、14対2と試合を決めた。

 投げてはエース・三山 大輔が初回こそ制球に苦しんだものの、2回以降からスライダーを軸にしながら千葉明徳打線を翻弄。5回まで投げ終えたところで、最後は茂野大治郎が試合を締めて東海大市原望洋が6回コールドで勝利した。

◆手元まで引き付けられる打撃

 「1試合で5点以上は得点できる」と以前の取材で相川監督が話していたが、その実力をいかんなく発揮した一戦だった。特に3番・堀川、5番・我妻を中心に逆方向へのバッティングが光った。

 相川監督も大会前から好調だと注目していた3番・堀川はこの試合で、5打数2安打2打点と中軸として一仕事をやってのけた。懐が広さを活かして、ポイントを手元まで引き付けてボールを見極めると、鋭いスイングでボールを捉えていく。ミートできる幅が広く、広角に力強い打球を飛ばせる強打者だ。

 そして先取点を含めた5打点を記録した5番・我妻もポイントを近づけてスイングするのが印象的なスラッガーだ。スイング軌道が引っ張り傾向に見えるものの、外角のボールは強引に引っ張らずに、上手くライト方向にはじき返す器用さも兼ね備えていた。

 この2人を今回取り上げたが、4番・日高も予選と変わらず力強い打球を飛ばすなど、各打者がセンター方向から逆方向を中心の打撃が光った。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています