敗者復活、注目の一戦は拓大紅陵が勝利。中央学院は粘り及ばず



先制打を放ち喜ぶ四十住海都(拓大紅陵)

 中央学院vs拓大紅陵の一戦。敗者復活戦の組み合わせが決まった時から注目されていた一戦だった。中央学院は夏、大活躍の141キロ右腕・糠谷 翔大拓大紅陵は夏でも登板した小堺 心温だ。

 中央学院は一次予選に出場辞退。練習再開も直前だったという。試合が始まるまでのインターバルでは、野手はずっとゴロ捕球の練習を繰り返していた。限られた時間の中で準備する姿勢が見られた。

 まず先制したのは拓大紅陵。2回表、7番・四十住 海都の適時打で1点を先制し、その後、敵失、バッテリーミスで3点を先制する。痛いミスに思えたが、その後は中央学院のエース・糠谷が力投を演じた。120キロ後半の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分けた。

 コントロールを乱す場面もあり、好調時の糠谷の投球内容と比べるとかなり苦しい状態に感じられたが、尻上がりに120キロ後半の速球をコーナーに投げ込み、見逃し三振を奪った投球を見ると、真夏の中で主戦投手として投げた経験は間違いなく生きていたと感じた。

 序盤ミスが見られた中央学院だったが、内外野ともに粘り強い守備で糠谷をもり立てていた。

 拓大紅陵の小堺は、コンパクトなテークバックを折りたたんで投げ込む右スリークォーター。常時120キロ後半~130キロ前半の速球は球速表示以上に伸びが感じられ、中央学院の打者から空振りや内野ゴロの山を築き、着実に0を積み重ねる。7回裏、中央学院の1番・大山の適時打で1点を返されたが、9回表、二死三塁から2番大立翔良の内野安打で1点を追加した。