横芝敬愛、必死の3投手の継投で市立銚子に競り勝ち、県大会出場決定!



伊橋 蓮(横芝敬愛)

 新型コロナウイルス感染拡大により多くの地域が緊急事態宣言となったが、各地は無観客試合をしながら、粛々と来年へ向けてスタートを切っている。千葉は8ブロックごとではなく、フリー対決となっている。横芝敬愛vs市立銚子の第6ブロック同士の対決は熱戦となった。

 1回裏、市立銚子は二死から4番石毛悠の適時打で1点を先制する。しかし3回表、横芝敬愛も無死から2番伊藤の左中間を破る適時三塁打で2点を入れ、逆転に成功。さらに3番鈴木も左越え適時二塁打を放ち、3点目を入れる。

 その後、横芝敬愛は背番号6の緒方が力投し、5回まで1失点。6回からはセンターの礒 海聖が登板した。市立銚子は7回裏、一死一塁から3番大木の左越え適時二塁打で1点差へ。さらに二死一、二塁から6番片山の左前適時打で3対3と同点に追いつく。

 しかし、横芝敬愛は8回表、1番磯が左越え適時三塁打。自らのバットで勝ち越しに成功する。3番鈴木も前進守備の間を抜く左前安打を放ち、5対3と勝ち越しに成功する。8回裏、1点を返される横芝敬愛だが、一死一、二塁の場面で、ライン際の三ゴロを三塁・伊藤 聖人が逆シングルキャッチ。三塁ベースを踏んで、一塁へ送球し、ダブルプレーを完成。絶体絶命のピンチを切り抜け、横芝敬愛ベンチは喝采。試合後、横芝敬愛の伊藤 昇宏監督も絶賛したプレーだった。

 最後は背番号1の右下手投げの伊橋 蓮がピンチを招きながらも最後の打者を抑え、5対4で勝利を収めた。

 新チームがスタートして、接戦が出来ず苦しんだが、先発に1年生の緒方を立てたことで、内容も安定してきたという。

 まだ打撃、投手力という面では不安がある。ただ部員15人しかいないという状況で大きく崩れない守備力の高さはかなり魅力的だ。外野手、内野手の動きを見ていると、新チームスタート時としては悪くないだろう。

 県大会までどこまでレベルアップできるか楽しみだ。

(記事=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。