木更津総合が満塁弾など7長打で圧勝、「50%」だった中央学院エース細谷



木更津総合先発・神子史温

 専大松戸が待つ決勝への切符をかけた木更津総合中央学院の一戦は、互いに総合力が高く、5、6点勝負が予想されていた。

 試合は初回、木更津総合が1番・秋元 俊太のホームランなどで2点を先取したが、中央学院も2回に7番・鈴木 拓海のタイムリーなどですぐさま同点と、慌ただしい立ち上がりとなった。

 しかし木更津総合が2回に2番・菊地 弘樹のタイムリーなどで3点を追加して5対2とする。そうすると木更津総合に徐々に流れが傾き、5回には4番・山中 海斗が右中間に飛び込む満塁ホームランなどで、一挙6得点と11対3で主導権を握った。

 大量リードをもらった木更津総合先発・神子 史温は、立ち上がりこそ打ち込まれたが、徐々に調子を上げていき、中央学院打線を封じていく。

 投打がかみ合い始めた木更津総合は6回に、7番・中西 祐樹のダメ押しとなるホームランで12対3と試合を決めた。最後は2番手・越井 颯一郎が抑えて、木更津総合専大松戸の待つ決勝へ進出した。

 9安打12四死球で12得点と、相手からもらったチャンスを活かしながら、木更津総合は難敵・中央学院を打ち破った。しかも9安打のうち7本が長打と、強烈な攻撃で中央学院の投手陣を攻略してみせた。

「細谷君がここまで登板がなかったので、誰が先発してくれるか読みにくかった」と山中主将は語るが、今大会初の後攻だったこともあり、守備から攻撃に繋げることをテーマに試合に入ったという。中央学院の初回の攻撃を0点に抑え、直後の攻撃では先頭・秋元がホームランと、これ以上ない最高の形で、主導権を握ることに成功した。