「柔と剛」の「完成形」を確信、専大松戸・深沢13K完投



ガッツポーズをする専大松戸・吉岡道泰

 決勝進出をかけた専大松戸八千代松陰の一戦は、終盤の攻防に明暗が分かれた。

 試合は初回に専大松戸が4番・奥田 和尉のタイムリーで先制したところから、動き出した。その後、5回に専大松戸が5番・山口 颯大のタイムリーなどで2点を追加して3対0と専大松戸リードで折り返した。

 ただ八千代松陰も、6回に6番・藤平 愛也のタイムリーで2点を奪い返して、3対2と言う白熱の展開で進んでいた。

 そして迎えた7回、専大松戸は3番・石井 詠己のヒットと相手のミスで追加点のチャンスを作ったところで、5番・山口がこの試合3打点目のタイムリーで5対2と専大松戸が突き放した。

 8回にもダメ押しとなる2点を追加した専大松戸は、エース・深沢 鳳介の9回2失点13奪三振の快投で、決勝進出を決めた。

 これが深沢の完成形なのかもしれない。そう感じる一戦だった。

 近年、千葉で力を発揮しており、今大会はチーム打率.416と打線好調な八千代松陰を相手に、初回から142キロを計測する真っすぐを軸に、3番・小倉 陸登に二塁打を許しながらも、力押しの投球で無失点で立ちあがる。

 すると2回以降も圧倒する投球を見せる。
 この試合最速143キロの真っすぐを軸に、「相手打者を見ると積極的ではなかった」とマウンドから分析すると、序盤はスライダーとのコンビネーションのみで、相手打線を封じてみせる。また、「(最後まで全力だと)体力が持たない」ということから、ランナーがいない状況や、下位打線との勝負ではストライク先行のテンポの良い投球で、守備の時間を短くするなど、ピッチングで打線に勢いを与えた。

 中盤の6回に2点を失ったことで外角に張られていることを察すると、ここからは内角も果敢についていく。内と外のストライクゾーンを広く使った投球に切り替えることで、八千代松陰打線に再び的を絞らせず、追加点を与えることはなかった。