エースで主将の永名悠平が好投!成田が3度の中断を乗り越えて2018年秋以来のベスト4進出



5打点の活躍を見せる竹内奏楽(習志野)

 春季千葉県大会は準々決勝を迎え、千葉県野球場の第二試合は成田東京学館浦安が対戦。試合は序盤に成田が主導権を掴み、2018年秋以来となるベスト4進出を決めた。

 初回に1点を失った成田。だが3回からはすぐにエースで主将の永名悠平をマウンドに送るなど、素早い対応で試合を立て直し、直後の3回裏に反撃に出る。
 二死一、二塁から5番・檜村圭吾タイムリーで同点に追いつくと、なおも二死一、二塁で6番・中村虎太郎がタイムリースリーベース。その後、相手の暴投でさらに1点を追加した成田は、3点のリードを奪い試合の主導権を握った。

 3回からマウンドに登ったサイドハンドの永名は、120キロ台後半の直球とスライダーのコンビネーションで安定した投球を見せる。7回に1点を失い、また雷や雨天による一時中断も3度あったが、最後まで集中力を切らすことなく投げきった。

 試合は6対2で成田東京学館浦安を下し、2018年秋以来となるベスト4進出を決めた。

 試合後、成田の尾島治信監督は「先発の和田は一回りで考えていました。今年は本当に『普通のチーム』ですが、そこが良い方向に出ていると思います」と語り、地に足着けてチームが戦っていることを伺わせる。準決勝の相手は千葉学芸に決まったが、どんな戦いを見せるのか注目だ。

 また3回からマウンドに登った永名は、「監督からは、先発のつもりで作っておけと言われていました。中断中も集中力を切らさずに出来たと思います」と語り安堵の表情を浮かべた。
 永名は冬の期間にチーム事情から主将に就任し、またこの春からはエースナンバーを背負うなど、心身共に成長著しい右腕だ。主将に就任したことで、「これまで以上にチーム全体のことを考えるようになった」と口するなど、名実共にチームの顔となった。準決勝以降はどんな投球を見せるのか注目していきたい。

(取材=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。