序盤で主導権を握った木更津総合!八千代松陰との再戦を制してベスト4進出!



ホームランを放った山中海斗(木更津総合)

 夏の大会準決勝で熱戦を演じた木更津総合八千代松陰。その両チームが秋季県大会準々決勝で再び対戦。勝てばベスト4進出、そして関東大会出場に王手がかかる一戦は、木更津総合が序盤で主導権を握ることとなった。

 先発・越井 颯一郎八千代松陰の初回の攻撃を無失点に抑えると、直後の攻撃で一死から2番・中西 祐樹、3番・大井 太陽の連打などでチャンスを作る。ここで八千代松陰バッテリーのミスで木更津総合が先制すると、押し出し四球に守備のミスも絡んで一挙6得点。木更津総合が大きくリードを奪う展開となった。

 さらに2回には一死二塁から4番・山中 海斗のライトへの本塁打で8対0と試合の流れが木更津総合へ傾いた。ホームランを打った山中は旧チームから出場し続ける経験者であり、今年のチームの主将。無駄のないコンパクトなフォームからボールを捉えていくシャープなスイングが特徴的な選手。

 加えて高校通算12本塁打をマークするパンチ力も兼ね添えており厄介な打者であるが、気になるのは腰の開き。右腰から動き出しているのが見え、緩いボールに対して待ちきれないケースがある。また身体が開いてしまうことで、バットが出てこないために詰まってしまうこともある。昨日の拓大紅陵戦でもタイムリーを放っているものの、詰まった当たりだった。

 この日のホームランはインコース高めのストレートと、右腰から動き出しても捉えやすいボールだが、この癖がなくなればより恐ろしい打者へ成長すると考えると、ワクワクが止まらない。



八千代松陰2番手・森陽生

 大量リードをもらったマウンドの越井は八千代松陰打線を3回までノーヒットに抑える快投ぶり。しかし4回に4番・小倉陸登に初ヒットを許すと、5回には途中出場の森 陽生のヒットからピンチを招く。木更津総合はここで2番手・金綱 伸悟を送ったが、3番・一色徹也の犠牲フライで1点を失い、8対1となった。

 だが、その後は八千代松陰に追加点を許さなかった金綱。そのまま木更津総合は逃げ切って7回コールド。八千代松陰を下してベスト4進出を決めた。

 これで関東大会出場まであと1勝となった木更津総合だが、「8点を取って以降、チャンスを作っても1本が出ませんでした。継続して点数取れるようにしたいです」と課題を語った山中主将。関東大会、そして2季連続千葉制覇まで油断はない。

 一方で敗れた八千代松陰。「序盤でやられてしまい、2年生の力で踏ん張れなかったのが敗因です」と一色主将が振り返ったように序盤で失点を重ねたのが大きかった。

 しかし2番手で登板した森が好投を見せた。セットポジションからショート方向に足を上げていきながらひねり、大きなテイクバックから角度を付けてボールを投げ込む。曲がりの大きいカーブにスライダーも混ぜながらバッターを抑え込んだ。春以降の成長が楽しみだ。

 一色主将は「自分たちのやりたかったストライク先行の配球ができず、甘いボールを打たれました。自分たちの弱さを知ったので、練習から短い時間でも1人1人が緊張感をもって練習して夏に優勝できればと思います」とコメントを残した。成長した八千代松陰に期待をしたい。

(記事=田中 裕毅)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。