アイコンタクトで決めた石神のサヨナラスクイズ。専大松戸が延長16回の熱戦制し4強進出



サヨナラ勝ちを収めた専大松戸

 試合後、持丸監督は「疲れました。こんなに長引くと思いませんでした」と苦笑い。
 それでも選手たちの戦いぶりに話しが及ぶと「こうして勝っていけばだんだん強くなる」と話し、次戦に向けても気持ちを新たにした。

 千葉県野球場で行われた秋季千葉県大会。千葉学芸専大松戸の準々決勝は、延長16回に及ぶ激戦となった。

 3回表に相手のミスから先制点を挙げた専大松戸だが、千葉学芸も5回表に押し出し四球で同点に追いつく。その後は専大松戸深沢 鳳介千葉学芸北田 悠斗の両投手の好投により、試合は1対1のまま延長戦に突入した。

 だが、延長に入ってからも互いに譲らないへ。
 延長13回からタイブレークに入り、13回に3点ずつ、14回には1点ずつ、そして15回にも1点ずつ取り合い、激しいつばぜり合いが続いた。

 決着は延長16回に訪れた。
 6対6で迎えた16回裏、専大松戸は一死満塁のチャンスを作り打席には9番・石神 遥樹

 この時、持丸監督からの指示は「一番自信のあるものをやれ」だったことを明かす石神。
 石神の一番自信のあるものはバントだが、監督からのサインは出てなかったため、三塁ランナーにスクイズを決行するアイコンタクトを送ったという。

 「ランナーからも頷きがきたので、絶対決めようと思いました。こんなことは始めてでしたが、自分がバントが得意なことはみんなわかっていますし、やるからにはランナーにもわかってもらわないとスタートが切れないので」

 石神は2球目でスクイズを見事に決め、専大松戸7対6のサヨナラ勝ち。激戦を制した専大松戸がベスト4進出を決めた。

 専大松戸は、エースの深沢鳳介が足がつりながらも延長12回を投げ、エースの奮闘もあった。序盤から強打の千葉学芸打線にヒットを浴び、計11安打を打たれたが、エースらしい粘りの投球でチームを勝利に導いた。

 深沢は「要所要所で抑えることが出来たと思います。時々甘く入るボールがあったので、そこは次回までに修正が必要だと思います」と振り返り、次戦に向けても気持ちを引き締めた。

 一方敗れた千葉学芸
 計17安打を放ちながらも、粘り切ることができずに最後は力尽きる形となった。
 先発の北田は、15回を投げて192球を投げたが、熱投が報われることはなった。

 また高校通算38本塁打の有薗 直輝も、この日は6打数1安打1打点と本来の力を出し切ることは出来なかった。
 春に向けてもう一度チーム力を高めることはできるか注目だ。

(記事=栗崎祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。