好打者揃う拓大紅陵相手に2失点完投!打っては勝ち越しホームランの活躍見せた島田が木更津総合ベスト8進出導く!



5番・香取秀汰

 今夏の独自大会を制し、新チームも投手王国として存在感を示している木更津総合。3回戦では昨秋の千葉県大会で準優勝に輝いた拓大紅陵。同じ第8地区のライバル同士が袖ヶ浦市営球場で激突した。

 試合展開を見ていく前に、拓大紅陵の新チームを見たい。旧チームは竹内 将悟が大黒柱として牽引したが、新チームは野手陣が頼もしい。シートノックから各選手が機敏な動きを見せ、大きなミスもない。夏の期間でしっかりと鍛えられてきたのが試合前からすぐにわかった。

 実際に1番・佐々木虹大はピッチャー方向にヘッドを入れながら無駄の少ないフォームで、ピッチャーが足を下ろし始めた同時にゆったりと足を大きく上げてタイミングをとりながらトップを作る。一気にバットを振り抜き、対応力も高い強打者だ。

 2番・石橋裕一郎はノーステップで目線のズレを無くし、確実にボールを捉えていく。小柄ではあるが、素早い足の回転で一塁まで4秒前半で駆け抜ける俊足の持ち主。3番・伊藤勇斗はポイントを手元に引き付け、バットは内側から出していきながらボールを捉えてはじき返していく。

 5番・香取秀汰はあらかじめ左肩の辺りでヘッドを立てた状態でバットを構えて、テイクバックをとらずに小さく足を上げてタイミングをとり、軸回転でボールを飛ばしていくスラッガーであるなど、下位打線にもシャープなスイングで単打をできる選手が多く、今年の拓大紅陵は打線に勢いがあるチームだと考えていいのではないだろうか。

 実際に初回は木更津総合先発・島田 舜也の甘めに浮いてきたストレートを逃さずに捉えた。「失投も絡みましたが、これだけ打たれるとは思っていませんでした」と拓大紅陵打線と対戦をした印象をコメント。「良い打者が揃っていて初球から振ってくるので、気を抜ける打者は誰もいませんでした」と打線のレベルの高さを肌で実感した。

 拓大紅陵は夏場、バッティング練習を中心にしながらも、ケースバッティングでは各選手が役割を考えて練習に取り組むなど、自分の実力を客観視したうえで、練習に取り組むことで実戦で戦える打力を磨いてきた。その成果が序盤に発揮された。