終盤の集中打で突き放した成田。日体大柏は粘り及ばず



貴重な5点目を奪う成田

 「上に上がると許されないミスもありましたが、得点が取れない焦りの中で監督のミスもありました」
 成田の尾島監督は試合を振り返り、課題を挙げつつも、選手たちの粘りも称えた。

 千葉県野球場で行われた秋季千葉県大会。成田日体大柏の3回戦は、成田が試合後半の集中打で日体大柏を突き放して準々決勝進出を決めた。

 同点で迎えた7回表。成田は一死一、三塁から5番・相馬直人のセーフティスクイズで勝ち越しに成功すると、その後も6番・桐山優、7番・甲斐匠の連続タイムリーでこの回3得点。

 投げては先発の左腕・牧太陽が、粘りの投球を見せる。
 驚くよう球威やキレのある変化球があるわけではない。だが内外に丁寧にボールを投げ込み、ランナーを背負っても間合いを変えるなどマウンド捌きも良い。
 一球一球に気持ちが乗っており、8回を投げて6安打3失点と試合をしっかりと作って見せた。

 「立ち上がりはボールにバラつきがあったので、キャッチャーと切り替えていこうと話をしました。守備が良いので、大量失点することは無いと思って投げることができました」(牧太陽投手)

 成田は、7回裏に1点は返されたものの、9回には3番・飯田大空がダメ押しの満塁ホームランを放ち試合を決定づける。
 そのまま9対3で成田日体大柏を下して、ベスト8進出を果たした。

 準々決勝進出では東京学館との対戦が決まったが、尾島監督はあくまで自分たちの野球を貫くことを強く語る。

 「攻守で攻める気持ちを持って、向かって行く気持ちを出し切ること。(3年生のドラフト候補)古谷 将也のようなネームバリューのある選手がいなくても、勝てるんだというところを見せる気持ちで選手には試合に臨んで欲しいと思います」

 一方敗れた日体大柏だが、8回までに16安打を浴びながらも5失点に抑えた投手陣の粘りは見事であり、捕手のコッシーオ・アダムカツは強肩とフットワークの光る好捕手だった。 もちろん、一冬明けて一気にチームが伸びる可能性は大いにある。今後の戦いぶりにも注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)