千葉学芸が鉄壁の守備力で東海大市原望洋の自慢の攻撃を防ぎ2回戦へ!



4番ライト・有薗直輝(千葉学芸)
 

 昨秋のベスト8の東海大市原望洋と今夏ベスト8の千葉学芸の一戦。東海大市原望洋は大型選手を擁しており、千葉学芸は1年生から活躍していたスラッガー・有薗 直輝が最終学年を迎え、今年は期待が高い。

 試合は前評判に違わず、好ゲームとなった。まず先制したのは、千葉学芸だった。2回表、有薗がしぶとく右前安打。二死一、三塁のチャンスで8番上野 健生の場面で一塁走者がスタートを切る間に有薗が生還。技ありの走塁戦略で1点を先制した。

 以降は両チームの先発の投げ合いに。東海大市原望洋の先発・木村 旭(2年)は175センチ75キロと中背の体系から130キロ中盤(最速133キロ)の直球、120キロ前半のスライダーを両サイドにテンポよく投げ分ける右の好投手。将来的には140キロ超えをしてもおかしくない。千葉学芸の左腕・北田 悠斗は細身だが、「く」の字ステップをしながら、体に勢いを与えて鋭く腕を振っていく左腕。

 120キロ後半だが、体の使い方がうまく、出どころが見にくいフォームのため、打ちにくい。何よりスライダーの切れとチェンジアップも落差があり、同じ腕の振りで投げることができるため、勝負所で大きな武器となる。

 そういった決め球があるからか、走者を背負ったときも粘り強く投げることができていた。

 東海大市原望洋のレベルの高い打者のしぶとい攻めに苦しみながら、投げ急がず投げる。6回裏、一死満塁のピンチをしのぎ切る。

 そして7回表、先頭打者として打席に立った有薗は高めのストレートを一閃。振り抜いた打球は弾丸ライナーでレフトスタンドへ消える本塁打となった。シンプルな構えで腰をすぐに開きながらも踏み出し脚で我慢して強引に振っていく独特のスイングから打った瞬間、本塁打と分かる豪快な弾丸ライナーを飛ばした。能力があるといっても窮地で打てるか、打てないかでその打者の評価がはっきりする。有薗は夏、市立船橋戦でもコールドを阻止する2点二塁打を放っており、球場の空気を一変できる選手。また投手としても最速143キロの速球を投げ込むだけにライトから放たれる肩の強さは一級品。ドラフト候補に挙がってもおかしくない選手だ。

 さらに8回裏にはピンチの場面で適時打を阻止するスライディングキャッチを見せた後、9回表にはレフト線へ二塁打を放ち、4打数3安打の活躍。無死一、三塁から6番佐藤 柊汰が前進守備の外野の頭を大きく超える適時二塁打で一気に2点を追加した。