長狭、強力打線で突き放し2回戦進出!



先発・岡本潤平(長狭)

 県立柏長狭の一戦は打ち合いとなった。

 1回表、まず県立柏は3番田中 悠貴の適時打、5番小林 幸泰の適時打で2点を先制。1回裏、3番岡本潤平のランニング2ランで同点。2回裏には9番鈴木海威の左前適時打、一死二、三塁から内野ゴロと3番岡本の適時三塁打で5対2と突き放す。その後、県立柏は3回表に3番田中の適時二塁打で1点を返し、3回裏に1点を返されたが、5回表に押し出し四球と内野ゴロの間に同点に追いつく。

 しかし長狭は5回裏、1番吉野龍之介の左前適時打、6回裏にも5番原清人の適時二塁打、7番松本航大の左前適時打、8回裏にも犠飛で計4点を入れて、突き放しに成功した。

 長狭のエース・岡本は10安打を浴びながらも粘り強く抑え、5失点完投勝利。長狭が2回戦進出を決めた。

 長狭は計16安打を放ったように、多くの打者が強く振れる。さらに打線と守備のレベルを高めていけば、実力校にも対抗できるチームになっていくのではないだろうか。

(記事=河嶋 宗一