東海大浦安、序盤から長打攻勢で5回コールド勝ち



東海大浦安ベンチ

 東海大浦安は序盤からの長打攻勢で圧倒した。

 1回表、1番小河原 悠末の右中間を破る三塁打で出塁し、その後、4番岡の適時打、6番鰺坂の適時打などでいきなり3点を先制。さらに2回表には二死一、二塁から3番高梨の左中間を破る適時三塁打で2点を追加。打線の勢いは止まらず、5回まで12点を入れた。

東海大浦安の選手で目がついたのは1番小河原だ。

 小河原はバランスが取れた俊足型の左打ちの外野手。瀬戸康彦監督からも「チームで一番良い打者」と評価されるように、インサイドアウトから振り抜くシャープな打撃は光るものがある。外野の間を抜くことを意識し、ミートを心掛け、安打を連発。ベースランニングも非常に速く、今後も注目していきたい選手だ。

 瀬戸監督はこの試合について、「今の1,2年生は夏もベンチ入りしておらず、5試合だけしか練習試合を行っていないのですが、よく打線がつながったと思います」と攻撃内容を高く評価した。

 県大会へ向けて、メンバーは変わる可能性があるという。というのは東海大浦安は1,2年生合わせて78名の選手がいる。地区予選のベンチ入りのメンバーが発表された後の練習でもベンチ外の選手が腐らずにメンバー選出のために、精力的に練習をしており、瀬戸監督はとても良い傾向だと語る。だから選手たちにこう伝えた。「試合前日に全員変わる可能性あるぞ」と。それに近い状態となれば、チームとしては実力ある選手が多く揃っている証拠であり、選手としては息が抜けないが、逆にそれぐらいの突き上げがなければ、この戦国千葉を勝ち抜くことはできない。

 競争を勝ち抜き、ベストの布陣で県大会に臨む東海大浦安はどんな選手が現れるのか。県大会での戦いぶりが楽しみだ。

(記事=河嶋 宗一