横芝敬愛 大型左腕・仲條の10奪三振の快投と勝負強い4番・木村の活躍で逆転サヨナラで県大会進出!



先発・仲條温人(横芝敬愛)

 今年の秋の一次予選は例年と違い、敗者復活戦がない。そのため一発勝負であり、独特の緊張感がある。同じ24日では習志野が敗れたが、個々の能力が高い横芝敬愛も9人の匝瑳に大苦戦となった。

 横芝敬愛の先発・仲條 温人は立ち上がりから大荒れの投球で三者連続四球から、4番橋本の適時打、5番布施には押し出しでワンアウトも取れず、降板。2番手・伊橋が登板するが、スクイズで1点を失い、初回に3点を先行される。

 2回裏、横芝敬愛は一死二、三塁から8番宇井の右中間を破る適時三塁打で2点を返し、1点差に迫る。

 しかし二死満塁から横芝敬愛は守備のミスから2点を失う。確かに守備のミスも痛いが、四死球からピンチを招いたものだった。全体的に試合の流れを相手に渡してしまう野球をやっている。そのため匝瑳ナインはノビノビと試合ができている。5回表には7番鈴木新の適時打で1点を追加し、ここまでは匝瑳ペースだった。匝瑳は9人ながら、実に丁寧な野球を実践する。判断力もしっかりしていて、好チームだといえる。