2020年08月22日 県立柏の葉公園野球場

日体大柏vs関宿・沼南

令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

日体大柏の正捕手・アダムの攻守にわたる活躍で代表決定戦進出



本塁に生還し、喜ぶアダム(日体大柏)

 日体大柏の前チームは投打の中心が3年生だったということもあり、一気にメンバーが変わった。

 そんな中、秋初戦は試合を優位に進めた。まず1回表、無死満塁から4番佐藤が右前2点適時打。その後は犠飛や6番上原の適時打で初回から4点を先制。さらに5回表にも1点を追加した。

 先発は夏の大会でもベンチ入りした左腕・岡田 凛太郎が立ち上がりから切れの良い直球を投げ込み沼南・関宿の連合チームを圧倒。最速は130キロほどだが、ストレートの質も良く、コントロールも良い。今後の真価が楽しみな投手だった。

 また、6回表、日体大柏打線が爆発。3番コッシーオアダムカツが二、三塁からライトへ適時三塁打。さらに中継ミスで本塁へ生還。その後も日体大柏打線の勢いは止まらず、一挙6得点。口火を切ったアダムは対応力の高さを感じさせる好打者。重心を落としたオープンスタンスの構えから、ボールを手元まで呼び込み、逆方向へ打ち返した打撃は見事だった。アダムは1年生から内野手・捕手を兼任。日体大柏の伊藤監督は大型遊撃手として期待をしていたが、「捕手をやりたい気持ちが強い選手は伸びやすい」ことを期待して、捕手をやらせた。アダムは「世田谷西シニア時代に吉田監督から野球について深く勉強して、考えながらプレーをしたいと思っていました。やはり捕手は考えてプレーをするので」

 まだスローイングタイムは2.00秒~2.20秒前後だが、調子が良いときは1.95秒を計測するという。またモリーナに憧れて、日々、動画でフレーミングを研究しているアダムはキャッチングも上手く、先発の岡田からも「上手くて、的も大きいので、投げやすいです」と絶大な信頼を得ている。父がキューバ人で、母が日本人のハーフ。185センチ70キロと細身だが、攻守で高いセンスを示しており、今後の進化が見逃せない逸材だ。

 11対1で迎えた6回裏、187センチの大型右腕・河原崎は角度のある直球、曲がりが鋭いスライダーを投げ分け、2アウトまで打ち取ると、二死から背番号1の川口珠璃が登板。川口は最速135キロを誇るという力強い速球で最後の打者を打ち取り、6回コールド勝ちを決めた。

 2回以降、粗さが出た攻撃だったが、5回からしっかりと引き締めなおし、しぶとい攻めで大量点をとった日体大柏。代表決定戦では流山北と対戦する。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佐倉南・青木のサヨナラ打で激戦を制す!1回戦3試合を徹底レポート!【春季千葉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
我孫子や京葉工などが1回戦突破!【千葉県大会・28日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第842回 春の千葉は一次予選から見逃せない!激戦が予想されるカードを徹底紹介!【前編】【大会展望・総括コラム】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第512回 戦国千葉2017が幕開け!木更津総合、専大松戸、東海大市原望洋の三強を追う実力校たち【大会展望・総括コラム】
第404回 県立柏南高等学校(千葉)「選手の気質、雰囲気を尊重したチーム作りで秋・県ベスト4!」【野球部訪問】
第426回 【千葉展望】序盤から好カードが目白押し!どこが抜けだしてもおかしくない激しい大会に!【大会展望・総括コラム】
柏南 【高校別データ】
流山 【高校別データ】
県立松戸・県立柏・関宿・流山 【高校別データ】
県立松戸・流山・流山北 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る