2020年08月18日 千葉県野球場

木更津総合vs専大松戸

2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

千葉県を代表する右腕、左腕の対決は篠木健太郎が制し、2年ぶりの千葉県王者に!

 今年の千葉県ナンバーワン右腕・篠木 健太郎、ナンバーワン左腕・西村 卓真の投げ合いは期待通りの熱戦となった。準決勝のリリーフから中1日のリリーフとなった篠木 健太郎は連日の快投。

 立ち上がりから147キロをマークするなど、常時145キロ前後・最速149キロのストレートは威力抜群。専大松戸打線になると空振りを奪えないが、それでも詰まらせて内野、外野フライの山。また130キロ前後のスライダー、110キロ後半の曲がりが大きいスライダー、100キロ前後のカーブを投げる。

 西村も左腕のグラブを少し高く掲げ、真っ向から振り下ろす左腕で、常時130キロ~139キロを計測。昨秋と比べると3キロ~5キロスピードアップに成功。球威で押し込むことができており、ストレートでねじ伏せる投球を見せれば、さらに120キロ中盤のスライダーの切れ味も素晴らしく、低めに決まったスライダーは多くの木更津総合の打者から空振りを奪った。

 リードする鈴木 康平は「以前は内角を要求して真ん中に入ることが多かったんですけど、今はそれもなく構えたところにくるようになりました。球威も増して、スライダーの切れ味も増してさらに打ちにくい投手になりました」と成長を語る。

 テンポの良い投手戦のまま試合が動いたのは4回裏だった。二死二塁の場面で打席に立った篠木は136キロの内角ストレートを打ち返し、右中間を破る適時三塁打で1点を先制する。五島監督は「今年の打線だと、投手も『野手』にならないといけないので、篠木の一打は大きかったと思います」
 篠木を含めて木更津総合投手陣の打撃力はレギュラーと変わらない。篠木は2月に取材に訪れた時、紅白戦で逆方向へ鋭い打球を放っていた。1年かけて『野手』としても成長を見せたことが先制の一打につながった。

【次のページ】 木更津総合vs専大松戸(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2季連続で県制覇!今年の千葉の顔となった木更津総合のこの秋の戦いぶりを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
野尻幸輝(木更津総合出身)など甲子園経験者がズラリ!東京六大学の新人戦に出場した法政大のスタメンが凄い! 【ニュース - 高校野球関連】
第1051回 ミスが少ない千葉学芸の守備への取り組みとは?【後編】【野球部訪問】
第1050回 戦国千葉で上位へ勝ち上がり続ける千葉学芸 躍進への第一歩となる名将の就任【前編】【野球部訪問】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
専大松戸vs鎌倉学園【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る