千葉県を代表する右腕、左腕の対決は篠木健太郎が制し、2年ぶりの千葉県王者に!

 今年の千葉県ナンバーワン右腕・篠木 健太郎、ナンバーワン左腕・西村 卓真の投げ合いは期待通りの熱戦となった。準決勝のリリーフから中1日のリリーフとなった篠木 健太郎は連日の快投。

 立ち上がりから147キロをマークするなど、常時145キロ前後・最速149キロのストレートは威力抜群。専大松戸打線になると空振りを奪えないが、それでも詰まらせて内野、外野フライの山。また130キロ前後のスライダー、110キロ後半の曲がりが大きいスライダー、100キロ前後のカーブを投げる。

 西村も左腕のグラブを少し高く掲げ、真っ向から振り下ろす左腕で、常時130キロ~139キロを計測。昨秋と比べると3キロ~5キロスピードアップに成功。球威で押し込むことができており、ストレートでねじ伏せる投球を見せれば、さらに120キロ中盤のスライダーの切れ味も素晴らしく、低めに決まったスライダーは多くの木更津総合の打者から空振りを奪った。

 リードする鈴木 康平は「以前は内角を要求して真ん中に入ることが多かったんですけど、今はそれもなく構えたところにくるようになりました。球威も増して、スライダーの切れ味も増してさらに打ちにくい投手になりました」と成長を語る。

 テンポの良い投手戦のまま試合が動いたのは4回裏だった。二死二塁の場面で打席に立った篠木は136キロの内角ストレートを打ち返し、右中間を破る適時三塁打で1点を先制する。五島監督は「今年の打線だと、投手も『野手』にならないといけないので、篠木の一打は大きかったと思います」
 篠木を含めて木更津総合投手陣の打撃力はレギュラーと変わらない。篠木は2月に取材に訪れた時、紅白戦で逆方向へ鋭い打球を放っていた。1年かけて『野手』としても成長を見せたことが先制の一打につながった。