木更津総合 切り札を温存し、後半勝負で八千代松陰との死闘を制する!

 2試合連続で逆転サヨナラ勝ちをしている八千代松陰と盤石な投手陣で4強まで勝ち進んだ木更津総合との一戦は死闘となった。

 左腕・吉鶴 翔瑛が先発。立ち上がりから常時130キロ後半の速球、120キロ後半のスライダーといずれも精度が高い。ただ八千代松陰の各打者はしっかりと見極めようとする意識が見られたこと。

 初回に相手の敵失から1点を先制し、その裏に犠飛で追いつかれたが、4回表、八千代松陰は一死一、二塁から7番西澤 慶悟がフルカウントから甘く入ったスライダーをとらえレフトを破る二塁打で二者生還し、勝ち越しに成功。さらに8番・阿部の左前適時打で4対1と点差を広げ、吉鶴はここで降板。非常にレベルが高い打線である。

 

 2番手の川端光明がしっかりと踏ん張る。右サイドから常時130キロ~135キロ前後の直球に加え、110キロ前半のスライダーを低めに集めたり、強気に内角に投げ込んだり、無失点投球を積み重ねる。また6回裏にも同点打を放つなど打撃でも見せ場を作った。

 そして7回途中から3番手で登板した左腕・熊谷尚也も素晴らしい投球。勢いよく右足を挙げてから、真っ向から振り下ろすオーバーハンド。常時130キロ前半・最速138キロのストレートは球威があり、さらに110キロ前半のスライダーの切れも良い。スクイズで勝ち越し点を許したが、9回まで吉鶴、川端、熊谷の3人で投げきったことで、切り札・篠木 健太郎の温存に成功した。2月に取材に赴いた時、木更津総合のスタッフから熊谷、川端の成長が著しいと教えていただき、実際に投球練習を見てもボールの勢いが違った。半年近く経った川端、熊谷の投球は気持ち、技術が備わった見応えのある投球だった。