さらに凄みが増す篠木健太郎の快投 2試合連続完封!


 まさに篠木 健太郎木更津総合)の独擅場だった。立ち上がりからいきなり145キロを計測。実力校がそろう第1ブロックを勝ち抜いた強力打線・千葉明徳を翻弄した。

 千葉明徳打線は対戦が決まった段階からマシンで初速185キロに設定し、目慣らしを行ったという。ただそれでも篠木の速球は想像以上だった。去年も対戦した4番・寺嶋勇馬は「昨年とは段違いでしたね。ストレートの伸びがすごくて、すべてが一級品でした」とたたえた。 

 篠木はセンターから見ると、多和田 真三郎(埼玉西武)のように深い沈み込みから打者寄りのリリースで投げ込む投球フォーム。今はプロ野球の影響から沈み込まず、そして歩幅が狭い投手も増えてきたが、篠木はまさにオールドスタイルの投手だといえるだろう。平均球速143キロ・最速146キロのストレートはプロ志望の投手と比較しても負けていないものがあり、今年の高校生投手ではトップクラスのものがある。

 途中、走者を背負っても篠木は動じることなく、相手打者の懐に145キロのストレートを投げたり、切れのあるスライダーを投げる。また強打者の寺嶋には120キロ後半のカット系を攻めたり、また高めの145キロストレートで三振を狙うなど、スライダー主体ながらストレートを両サイド、低め、高めに強いボールを投げられるので投球の幅は広い。1点さえあれば十分の投球だった。

 打線は千葉明徳の先発・中村 颯太の投球の前に苦しめられていたが、7回表に4番・齋藤匠、5番・篠木健太郎の適時打で3対0と点差を広げる。中村はストレートの球速は125キロ前後だが、打者を打ち取ることだけを追求した投手で、ストレートもスライダーもベルトゾーンに集まらず、徹底とした低めに投げる丁寧な投球。7回だけ高めに浮いてしまったが、背番号1を与えられてから勝てる投手になるために追求した姿がうかがえる投球だった。

 この3点によって篠木はさらに安定感が増した。終盤になっても146キロを計測。最終回になっても145キロ以上を5球連発し、千葉明徳打線を4安打完封勝利。

 昨秋は平均球速141キロぐらいだったが、この夏は9イニングで143キロ。さらにコマンド能力も高まって、スキがなくなった。

 篠木健太郎が見られるのも最大で2試合、次の登板ではどんな投球を見せるのか。甲子園はないが、篠木の投球はこれからも語り継ぎたい快投だった。

(記事=河嶋 宗一