2020年08月15日 船橋市民球場

木更津総合vs千葉明徳

2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

さらに凄みが増す篠木健太郎の快投 2試合連続完封!


 まさに篠木 健太郎木更津総合)の独擅場だった。立ち上がりからいきなり145キロを計測。実力校がそろう第1ブロックを勝ち抜いた強力打線・千葉明徳を翻弄した。

 千葉明徳打線は対戦が決まった段階からマシンで初速185キロに設定し、目慣らしを行ったという。ただそれでも篠木の速球は想像以上だった。去年も対戦した4番・寺嶋勇馬は「昨年とは段違いでしたね。ストレートの伸びがすごくて、すべてが一級品でした」とたたえた。 

 篠木はセンターから見ると、多和田 真三郎(埼玉西武)のように深い沈み込みから打者寄りのリリースで投げ込む投球フォーム。今はプロ野球の影響から沈み込まず、そして歩幅が狭い投手も増えてきたが、篠木はまさにオールドスタイルの投手だといえるだろう。平均球速143キロ・最速146キロのストレートはプロ志望の投手と比較しても負けていないものがあり、今年の高校生投手ではトップクラスのものがある。

 途中、走者を背負っても篠木は動じることなく、相手打者の懐に145キロのストレートを投げたり、切れのあるスライダーを投げる。また強打者の寺嶋には120キロ後半のカット系を攻めたり、また高めの145キロストレートで三振を狙うなど、スライダー主体ながらストレートを両サイド、低め、高めに強いボールを投げられるので投球の幅は広い。1点さえあれば十分の投球だった。

 打線は千葉明徳の先発・中村 颯太の投球の前に苦しめられていたが、7回表に4番・齋藤匠、5番・篠木健太郎の適時打で3対0と点差を広げる。中村はストレートの球速は125キロ前後だが、打者を打ち取ることだけを追求した投手で、ストレートもスライダーもベルトゾーンに集まらず、徹底とした低めに投げる丁寧な投球。7回だけ高めに浮いてしまったが、背番号1を与えられてから勝てる投手になるために追求した姿がうかがえる投球だった。

 この3点によって篠木はさらに安定感が増した。終盤になっても146キロを計測。最終回になっても145キロ以上を5球連発し、千葉明徳打線を4安打完封勝利。

 昨秋は平均球速141キロぐらいだったが、この夏は9イニングで143キロ。さらにコマンド能力も高まって、スキがなくなった。

 篠木健太郎が見られるのも最大で2試合、次の登板ではどんな投球を見せるのか。甲子園はないが、篠木の投球はこれからも語り継ぎたい快投だった。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2季連続で県制覇!今年の千葉の顔となった木更津総合のこの秋の戦いぶりを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
野尻幸輝(木更津総合出身)など甲子園経験者がズラリ!東京六大学の新人戦に出場した法政大のスタメンが凄い! 【ニュース - 高校野球関連】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
千葉明徳vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!【大会展望・総括コラム】
第1016回 篠木健太郎が期待通り主将・エース・主軸打者として躍動。2年ぶりの優勝を果たした木更津総合を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは木更津総合か?専大松戸か?決勝戦の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る