千葉商大付、逆転満塁弾で流れを呼び寄せ一気にコールド勝ち


 第3地区代表決定戦への進出を賭けた形の4回戦。一発で流れが変わるとは、まさにこのことである。野球の試合における流れとは、本当に不思議なものである。これは、そんな象徴的な試合となった。

 5回まで3安打散発無得点と抑えられていた千葉商大付。6回に奥山君、横谷君、田谷君のクリーンアップの三連打と暴投で何とか一点を返した千葉商大付。ここまで、松戸六実の先発・小林君の丁寧な投球を打ちあぐねていた。しかし、6回の松戸六実の攻撃で代打が出たこともあって、7回からは島村君がマウンドに立った。松戸六実の山口徹監督は、「今まで完投したことはないし、継投のタイミングはいつにしようかということはずっと考えていたので、継投そのものは間違いではないと思う」と、いつものパターンだったということである。

 ところが、これが結果的には裏目に出てしまった。島村君としては先頭の代打・小島君に四球を与えてしまったのが痛かった。次打者は三振としたものの1番・田中君の打球は内野安打となり、四球もあって満塁となったところで3番・奥山君。スライダーを迷わず捉えた打球は、打った瞬間に「行ったか」と思わせる打球だったが、そのままスタンドに入る逆転の満塁本塁打となった。打った奥山君は、「狙っていたというワケではないのですが、ベルト付近のスライダーで、来たなと思った瞬間に捉えていました。とてもいい感覚でした」と、会心の感触だったようだ。奥山君としては、これで通算9本目だという。

 「コロナの影響で、思うように練習が出来ない期間もありましたが、LINEなどで動画も送って貰ったりして、自分のモチベーションはあげていた」と言うように、試合がしたくてしょうがなかったという思いをここで思い切り解放したという一打でもあった。

 この一発で、試合の流れはまったく変わってしまった。さらに死球と失策などで再び満塁となると、松戸六実ベンチは、たまらず3人目として長谷川君を投入した。しかし、さらに四球押し出しと併殺崩れの失策もあって、なおも4点が入り、結局この回だけで打者12人の8点が入るというビッグイニングとなった。千葉商大付の吉原拓監督としては、前半の苦しみ方からしたら、「まさかこんな形になるとは」という展開になった。

 その裏は、6回からリリーフしていた秋元君が3人でピシャリと抑えて千葉商大付がそのまま7点差をキープしてのコールド勝ちとなった。

 試合展開としては、前半はむしろ松戸六実だった。松戸六実は3回に二死走者なしから2番・鈴木幹右君が遊内野安打で出ると、櫻井君の左前打で一二塁となり、4番・増田君の左越二塁打で2者を帰して先制する。そして、このリードを小林君が丁寧な投球で守り続けていたのだが、6回に1点差とされ、7回、一気にひっくり返されてしまった。惜しむらくは、6回までに追加点が欲しかったというところであろうか。

 それでも、この大会を通じて松戸六実は健闘したと言っていいであろう。限られた条件ではあったけれども、しっかりといい練習をしてきたのだろうなと思わせるような好プレーもいくつかあった。市川昭和学院といった鍛えられた私立の中堅校を相次いで下して自信を得たというところもあったであろう。16人の3年生も、全員が出場することが出来た。部活動としての範囲で、しっかりと練習してきたら、これくらいの戦いは出来るのだということを証明してくれたということでも、この大会での松戸六実は、とてもいい戦いぶりだったと言っていいのではないだろうか。

(記事=手束 仁