市立船橋、準決勝でも好投手攻略し、7回コールド勝ち!いよいよ習志野挑戦へ!


 東京学館船橋市立船橋の一戦。市立船橋は打線が好調だ。東京学館船橋の先発・千葉公暉はくの字ステップから勢いよく踏み込んで投げ込む本格派右腕。前の千葉日大一戦では最速130キロ後半を計測したという。ただこの試合でマメをつぶしてしまい、どこまで持つかがポイントだった。

 上背もあり、将来有望な投手に移ったが、この試合では常時120キロ後半~130キロ前半の速球と影響は隠せなかった。そして120キロ近いスライダーを投げ込みながら打たせてとろうと心掛ける。

 試合前から千葉を警戒していた市立船橋は自慢の強打を発揮。1回表、一死二塁から初回、3番高田の適時打、4番・清水 祐希の右超え適時二塁打で2点目を入れる。そして3回裏、二死満塁のチャンスから6番・林崎が甘く入ったスライダーを逃さず左中間を破る二塁打で3点を追加し、5対0と試合の主導権を握る一打を放った林崎は「第1打席で併殺になっていたので、その借りを返したかったです。つなぐことを意識して、本当に甘いコースにきたので、しっかりと打ち返すことができてよかったです」とタイムリーを喜んだ。さらに5回裏には打撃好調の渡邊が2ラン。これで7対0とした。

 市立船橋の先発・黒田貴仁は125キロ前後の速球、スライダー、カーブをテンポよく投げ分け、5回無失点の投球。リードする櫻内俊太は「ストレートは特段速くない投手なので、しっかりと低めに投げることを意識させることを意識させました。そのため投球に専念できるよう、黒田は配球のことを考えさせず、しっかりと腕を振ることを意識させました」。その結果が強力打線・東京学館船橋打線を抑えることにつながった。

 ブロック決勝は習志野と対戦することが決まった。これまでの戦いで何度も激戦を繰り広げてきた。櫻内は「相手を意識しすぎず、自分たちの野球をして戦っていきたいと思います」と意気込んだ。

 これで市立船橋東葉清水 大翔東京学館船橋の千葉と好投手を攻略して勝ち上がってきている。習志野も投手力が高いチームだが、十分に攻略する実力は持っている。

 激戦を呼ぶのは市立船橋の打撃陣次第となりそうだ。

(記事=河嶋 宗一