習志野、大苦戦も143キロ右腕・堀井が奮闘。進学校・船橋東にも好選手が!


 習志野vs船橋東の一戦。船橋東はたびたび上位にか顔を出しており、侮れない存在だ。スコアとしては対と。習志野が勝利したとはいえ、船橋東も良さを発揮した。

 船橋東は先発の二又 寛は背番号6だが、身体能力、野球センスの高さを発揮するタイプ。右スリークォーターかあインステップ気味に投げ込む投手で、常時130キロ~135キロの速球を両サイドに投げ分け、115キロ前後のスライダーを投げ分ける。しっかりと腕を振って、打者の懐に来たときは習志野の打者でも詰まらせるほどの球威がある。二又によると投手になったのは今年の冬からで、肩の強さを見込まれて転向が決まった。

 この試合のテーマは強気で攻めること。果敢に内角へ投げ込んでいった。
 習志野はじわりじわりとチャンスを作りながら、1回裏、一死一、二塁から4番櫻井の左中間を破る適時二塁打で2点を先制。2回裏にも9番・四十住 皇輝の犠飛で3点目を入れる。

 その後は無得点が続き、二又も「徐々に落ち着きを取り戻してきました」と言葉通り、安定した投球で習志野打線を打ち取っていく。習志野の櫻井は「見た目以上にきていて、ワンテンポ遅れました」と相手打者も認めるほどの威力があった。

 習志野の先発・山根 雄峰は苦しい投球。右スリークォーターから投げ込む直球は常時120キロ後半~130キロ前半の速球(最速135キロ)を投げ込むが、投げる角度が平面的で、この手のタイプは高速系でなおかつ空振りが奪える変化球が欲しいところだが、基本的に110キロ前後のスライダー、100キロぢあのカーブが中心なので、船橋東の打者が自信をもって見逃している姿を見ると球筋を見極められている。

 4回表、原田 慎平に適時打を打たれ、4回、被安打6、1失点で降板した。