11得点の猛攻!国府台が松戸向陽を5回コールドで下して2回戦進出!


 船橋市民球場の2試合目、国府台松戸向陽の一戦は初回から国府台が猛攻を見せた。

 1番の池尻千馬がいきなりの二塁打でチャンスを作ると、4番・西浜彪我のタイムリーで国府台が先制に成功。さらに8番・手塚駿のレフトへのタイムリーなど一挙5得点の攻撃で試合の主導権を握った。

 このリードをもらった国府台の先発・國司裕一郎。セットポジションから足を素早く高く上げると、そこからゆっくりと重心移動して、インステップさせる。ストレートと加えてカーブなどの縦の変化球を外角中心に集める投球。2回に松戸向陽5番・青嶋勇佑にヒットを許して得点圏に背負うものの、落ち着いた投球でホームを踏ませない。

 その後、国府台打線は2回に3番・江口恭太と6番・濱田優大のスクイズなどで4得点を奪った国府台。そして4回には相手のバッテリーミスで10点目を奪うなど一気に試合を決めた国府台松戸向陽を11対0の5回コールドで下して2回戦進出を決めた。

 5回までではあるが、松戸向陽打線を3安打に封じ込めた國司。特徴でもあるインステップしていることについて試合後に聞いてみると、「元々癖でインステップをするフォームになっているのですが、僕のなかでは3塁側のプレートを使うことでバッターに少しでも打ちずらさを感じられるように工夫をしています」とコメント。

 監督やメジャーで活躍するダルビッシュ 有の投球フォームも参考にしながら自分だけの武器に磨きをかけてきた。次戦の専大松戸戦に向けて、「自分たちの野球が出来るようにしたいです」と意気込みを残した。