決勝戦で打線が爆発!習志野が6年ぶり9回目の優勝を決めた



ホームランを放った和田泰征(習志野)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 木更津総合との死闘を制した習志野。一方はエース・竹内 将悟の快投で決勝へ進んだ拓大紅陵。千葉を引っ張ってきた両校同士の対戦の決勝戦がゼットエーボールパークで開戦。連戦となったことで、両チームはエースの先発を回避して習志野堀井 遥斗拓大紅陵は加藤光太をマウンドに挙げる。

 先に仕掛けたのは習志野。1番・和田 泰征が二塁打でチャンスを作ると、2番・小澤 拓海の送りバントと3番・角田 勇斗のスクイズであっさり先制。習志野らしく小技を使ってまずはリードを奪う。

 しかし、習志野の先発・堀井がパッとしない。ブルペンではボールが走っており、力がある印象だったが、コントロールが悪く守備のリズムが乗り切れず試合の流れを掴みきれない。すると拓大紅陵1番・柏木勇人にヒットを許し、送りバントで得点圏へ。バッテリエラーなどで二死三塁とすると、4番・林登生にタイムリーを許して1対1となる。

 拓大紅陵の先発・加藤はセットポジションから足を真っすぐ上げ、そこから少しひねりを入れてタメを作り腕を振り抜く。オーバースローから繰り出される角度を付けたストレートと縦の変化球を駆使してバッター挑む。ただ歩幅も狭いせいか、少し上体が高い。ボールも少し荒れ気味で、習志野打線に見切られてしまう。

 その加藤を3回に攻め立てる。
 先頭の宮下征也のヒットからチャンスを作ると、1番・和田の二塁打で勝ち越しに成功。さらに攻撃の手を止めず、4番・櫻井 亨佑の犠牲フライに6番・山内 翔太のタイムリーなどで一挙7得点。8対1と試合を決定づけた後、4回に1番・和田、5回には8番・宮下の本塁打。追加点を奪って5回終了時点で11対2と大量リードを奪う。

 1点ずつ返したい拓大紅陵だが、堀井の後にマウンドに上がった習志野2番手・山根 雄峰の前になかなか反撃できない。
 山根は春の県大会でベンチ入りした注目の1年生。フォームを見ていると、セットポジションから始動し、すっと足を上げて左足を真っすぐ踏み出していく。右腕を引き上げながらテイクバックを取り、スリークォーター気味の高さから腕を振り抜く。きれいなフォームではあるが、時折重心が左足に乗せきれておらず、体の回転もどこか弱く感じる。コントロールもまだ不安定ではあるが、1つずつ焦らずに課題を克服してほしい。