146キロ右腕・篠木、140キロ左腕・吉鶴は全国レベルの2枚看板!今年の木更津総合の課題とは



篠木健太郎(木更津総合)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 木更津総合vs千葉明徳の一戦は木更津総合が延長11回裏、篠木 健太郎(2年)のサヨナラ打で7対6で勝利し、3回戦進出を果たした。

 投げては8.2回を投げて2失点、9奪三振、打ってはサヨナラ打とまさに千両役者というべき活躍を見せた篠木。ただ6失点の中身を追うと、今年の木更津総合の課題が見えてくる。

 まず先発マウンドに登った吉鶴 翔瑛は立ち上がり1点を失い、4番までヒット3本、四球1つとアウトを1つも取れない苦しい立ち上がり。その後、連続三振、三ゴロに抑え、ピンチを切り抜けたが、3回表に適時打を打たれ、降板。ただ吉鶴はボール自体は素晴らしいものがあった。下半身主導で動き、テークバックを取った時、しっかりと胸を張って、投球フォームは早川 隆久(早大)、山下 輝(法政大)を思い出させるような完成度の高いフォーム。常時135キロ~138キロ(最速140キロ)の直球は角度があり、パワーアップを遂げている。今春に見た時は130キロ前半だったので、しっかりとトレーニングをして調整したのが伺える。そして120キロ後半のスライダーも打者のひざ元に決まり、2.1回を投げて4奪三振とボールの威力の高さを示す奪三振数だ。しかし木更津総合の守備陣のミスが目立った。1回表はライトの送球ミスからの1点で、2回表にもエラー1つ、3回表にも挟殺プレーや処理ミスが目立った。

 今年の木更津総合の守備陣は全体的に前よりで守っている。前進守備にすることで、必然とヒットゾーンは広くなる。千葉明徳のヒットは完全にクリーンヒットという打球はなく、ポジショニング次第ではアウトにできているものも多く、また内野手の捕球姿勢もバッタどりのような形で捕球しにいくので、バウントに合わせることができていない。

 そして外野守備のポジショニングも気になる。千葉明徳の外野陣と比較しても前進守備なのだ。特に篠木がマウンドに立った時はそれが顕著に表れ、左打者が打席に立っても、ライトは右打者の流し打ちに備えるような位置で守っており、驚かされた。実際に捉えた打球は外野の頭を超えて、容易に三塁打にされている。確かに強風が吹いている影響はあったが、千葉明徳は前半守備のミスがあったが、打者に応じて守備位置は浅くしたり、深く守ったりしていて厳しいフライを幾度も捕球しており、スクイズで点を取るなど、戦略性が感じられた。勝負は篠木が勝ったが、チーム全体で見ると千葉明徳が上だった。