“エースで4番”志学館 相馬が投打で活躍!志学館が二回戦進出!



7回1失点と好投した相馬(志学館)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 9月21日からスタートした秋季千葉県大会。選抜甲子園の道に向け、いよいよ千葉の戦いが熾烈化していく。三連休の中日ということも相まって、この日のゼットエーボールパークの駐車場は「満車」の掲示板が貼られていた。臨時駐車場が設けられるほど、球場に多くの人が足を運んだ。

 第一試合の志学館千葉敬愛は、「エースで4番」の相馬擁する志学館が圧倒し、二回戦に駒を進めた。

志学館 6対1 千葉敬愛

 試合が動いたのは二回。志学館は二死無塁から2連打でチャンスを作り、1番・土方、2番・村石の連続タイムリー、3番・林の敵失でに3点を先取。

 その裏、千葉敬愛は9番・古谷の右中間適時スリーベースで1点を返す。

 その後は互いにスコアボードに0を並べる締まった展開。投手戦が繰り広げられ、3回以降はあっという間に回を消費していった。



九回裏、ツーランホームランを放った寺澤(志学館)

 この膠着状態に終止符を打ったのは好投を続けてきた相馬だった。最終回、志学館は二死三塁の場面で自ら左前タイムリーを放ち、勝利をぐっと手繰り寄せる貴重な1点をもぎ取った。

 最終回の貴重な追加点に志学館ベンチ・スタンドは盛り上がりがりをみせた。その興奮が冷めやまぬ中、続く5番・林の打球はレフトに上がった。左翼手は始めは打球を追いかけるも途中で見送り、そのままフェンスを越えた。会心の当たりはツーラン本塁打となり、だめ押し。終盤に千葉敬愛を大きく突き放した。

 その裏を二死満塁のピンチを作るも0に抑え、見事志学館が県大会一回戦を突破した。

 投打に活躍した相馬は7回を投げ、失点1とチームのエースの役割を果たした。

一回戦を突破した志学館は23日、柚ヶ浦市営球場の第一試合(9:00試合開始)で稲毛と対戦する予定である。

(文・編集部)