2019年08月22日 浦安市運動公園野球場

市川vs国分

2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選 地区予選
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

リリーフの鎌倉が好投!終盤に流れを掴んだ市川が代表決定戦へ



2本のタイムリーを放った5番の庄司(市川)

 この試合が秋の初戦である市川に対して、国分はすでに1回戦で松戸六実を7対5で下して勝ち上がってきている。戦いづらいあろうことは想像に難しくないが、それでも市川は浮き足立つことなく粘り強い野球を展開した。

 試合は序盤から点の取り合いとなった。
 市川は初回、一死二、三塁のチャンスからから5番庄司の2点タイムリーで先制点を挙げるが、国分も負けじと3回裏に3番・竹内、5番森岡のタイムリーヒットで4対2と逆転に成功する。

 このまま国分が流れを掴むかとも思われたが、この試合は一筋縄ではいかない。
 5回表に市川は5番庄司のタイムリーなどで同点に追いつくも、その裏に国分も併殺崩れの間に1点を追加して再び勝ち越し。5回を終えた時点で、得点は5対4。試合の前半は激しい競り合いとなった。

 たが後半戦に入った6回表、ここから試合の流れは市川に傾きだす。きっかけとなったのは、2番・生方のタイムリーであった。
 二死一、二塁の場面で打席が回った生方は、ライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち市川は再び逆転に成功する。さらに二死三塁とチャンスが続く場面で、3番・堀もライト前へタイムリーを放って追加点。この回に3点を挙げた市川は、初回以来のリードを奪う。

 そして市川にとってさらに追い風となったのは、リリーフのマウンドに上がった鎌倉の好投だった。
 背番号6の鎌倉は1番・ショートとしてスタメン出場していたが、リリーフのマウンドに上がると強肩と制球の良さを活かして、テンポよくアウトカウントを重ねていく。
 試合前半は活発だった国分打線が後半に入ると沈黙し、これで試合の主導権は完全に市川が握る。

 8回にはダメ押しの追加点を挙げた市川は、そのまま8対5で逃げ切り代表決定戦へと駒を進めた。
 市川は県大会進出を懸けて、23日に浦安市運動公園野球場にて千葉商大付と対戦する。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
国分中央vs大島【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs国分中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
錦江湾vs国分中央【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
大島、1時間7分のスピードゲームでコールド勝ち!1回戦6試合を徹底レポート!【秋季鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大島vs国分【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
国分中央vs鹿屋工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
4強出揃う!明石商は11得点で快勝し、準決勝で神戸国際大付と再戦!【23日の結果 秋季兵庫県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第68回 山梨学院と東海大甲府、日本航空など県外勢力勢に対抗する甲府工も健闘【山梨・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第381回 兵庫大会ベスト8展望!全カード総力ポイント徹底分析!勝ち上がるのはどこだ?!【大会展望・総括コラム】
市川 【高校別データ】
国分 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る