高岡、東のリレーで松戸馬橋が逆転勝ち



好投を見せた先発の橋本(船橋芝山)

 20日に開幕した秋季千葉県大会地区予選も、各地で熱戦が繰り広げられている。市川国府台球場の第1試合では、松戸馬橋松戸国際が対戦。昨秋の秋季千葉県大会の1回戦で、佐倉と激しい競り合いを演じたことが印象的だった松戸国際。だがこの試合では、そんな松戸国際松戸馬橋が力でねじ伏せる展開となった。

 初回に先制点を許した松戸馬橋だが、反撃の狼煙は3回に上がる。
 二死二塁から3番の駒井がライトオーバーのタイムリーツーベースを放って同点に追いつくと、続く4回にも一死一、三塁から1番の今村がセンターへのタイムリーツーベースを放って2点を追加。
 逆転に成功した松戸馬橋は、これで試合の流れを掴むことに成功する。

 松戸馬橋の先発は背番号1の高岡。直球とカーブを主体に投球を組み立て、テンポを良さを心掛けながらピッチングができている点が非常に好感が持てる。打線の援護も受けてリズム良く松戸国際打線を打ち取り、初回以降は得点を与えない。



好投を見せた先発の橋本(船橋芝山)

 試合の主導権を握った松戸馬橋は、7回に4番の畑山がダメ押しのツーランホームランを放って、その差を4点に広げる。
 8回からは背番号20の速球派サイドハンドの東がリリーフ登板し、危なげなく無失点に抑える。

 試合は5対1で松戸馬橋が勝利し、初戦を突破した。
 今年の松戸馬橋は、投打でしっかりと仕事が出来る戦力が揃っているように見える。特に二番手で登板した東は背番号20ながらキレのあるボールを投げており、高岡とともに主戦としてマウンドを守れる投手が二枚いることは非常に大きい。

 一方破れた松戸国際は、記録に残らないようなミスもあり、初回以降は波に乗ることが出来なかった。敗者復活戦までにもう一度態勢を整えて、県大会進出を目指したい。

(記事=栗崎 祐太朗)