ソツのない銚子商!強打の千葉明徳に完勝し、二季連続ベスト4へ!



138キロをマークした平(千葉明徳)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 千葉明徳銚子商の一戦。2季連続のベスト4を狙う銚子商は盤石の試合運びを見せた。ポテンシャルが高い選手はいない。長打力や身体的な強さでいえば、千葉明徳の方が上だが、駆け引きで千葉明徳を振り切った。

 千葉明徳の先発は背番号11の小栗 武尊(3年)。上背があり、マウンドの傾斜をうまく使い、振り下ろす投球フォームは昨年のエース・宮崎 宏哉を彷彿とさせる。ストレートのスピードは常時120キロ後半~133キロとボールには角度が感じられ、120キロ近いスライダーもよい右の本格派。しかしベルト寄りに浮くボールが気になる。2回裏、銚子商は二死一、二塁から8番向後勇太(3年)が右中間を破る適時二塁打で二者生還。2点を先制。

3回表、千葉明徳は一死一、二塁から2番平川瑛斗(3年)が適時打で1点を返す。4回裏から千葉明徳は継投リレー。2番手に平 翔太郎(3年)が登板。平はインステップ気味に踏みだして、鋭い腕の振りが長所の右腕。右スリークォーターから繰り出す直球は常時130キロ~138キロを計測し、速球の勢いは山越 健司に負けないものがある。

 だが、銚子商は平にも対応し、5回裏、一死から5番菅谷圭一郎(3年)の中前安打からチャンスを作り、二死二塁から7番椿 一郎(3年)の中馬適時打で3点目を入れる。5回裏、銚子商は得点圏に走者を作ったところで交代。3番手に右腕・山﨑貴斗(3年)が登板。山崎は重心が低いフォームから投じる直球は常時120キロ後半~133キロのストレート、スライダーを投げ込む投手。気持ちの強さが全面に出た投手で、後続をしのぐ。

 前半は接戦ムードだったが、終盤は銚子商の試合巧者ぶりが際立つ展開となっていく。